理学療法士(PT)の仕事と転職事情について

気になる気になる ログインログイン 会員登録会員登録

理学療法士(PT)の仕事と転職事情について

理学療法士 PT 

理学療法士(PT)は国家資格であり、資格を持っている事により転職しやすい傾向にあります。そのためか、転職経験がある人が多い特徴があります。 今回は理学療法士(PT)の仕事と転職事情について解説していきます。


理学療法士(PT)の仕事の実際

理学療法士(PT)は身体に障害を抱える人に対してリハビリを行う事により、その人の身体機能を改善し、日常生活能力の向上、動作能力の向上を図っていく事を主な仕事としています。

患者さんの回復を手助けする事で、患者さんが改善する姿を見る事が出来たり、一緒に喜べたりする事が出来たりと、非常にやりがいのある仕事です。また患者さんは1人1人違うため、その都度リハビリ方法を考えなければならない事や、医学は進歩しているため常に新しい知識を学んでいく必要があるといった事も理学療法士(PT)の仕事やりがいの一つです。

理学療法士(PT)が働く分野は多岐にわたり、病院、訪問リハビリ、老人保健施設、デイサービス、クリニックと様々です。それぞれ、患者層や受け持つ疾患の違いなどがあり、やりがいの感じ方も人それぞれです。人によって興味ある分野も異なり、働いていくうちでも変化していきます。

また病院の方針や給料面なども分野や施設によって様々であり、仕事を続ける上でのやりがいやモチベーションを左右する重要な項目となります。

このような事から、転職を考える人も多いのですが、実際にどのような思いやきっかけで転職を考え出すのかについてみていきましょう。


理学療法士(PT)が転職を考えるきっかけ

転職経験者が多い理学療法士(PT)ですが、転職しようと思う主なきっかけを挙げていきます。


違う分野に興味を持った

例えば老人保健施設で仕事をしている場合、リハビリの対象者は高齢者です。老人保健施設では、機能向上をひたすら目指してリハビリをするというより、今ある機能を維持する事を主とする場合が多いです。「自分はスポーツ分野のリハビリを行いたい」「怪我からの競技復帰のリハビリを行いたい」となれば回復期病院や整形外科クリニックへの転職が選択肢となります。

また在宅での生活をもっと重視して患者さんの支援をしたいとなれば、訪問リハビリへの転職が選択肢となります。
理学療法士(PT)は、新人の頃に病院で多くの疾患を経験し、3〜5年経過した頃に自分が専門的にやりたい分野が見つかり、転職をする人が多い傾向があります。


年収アップ

理学療法士(PT)の給与は働く職場によって差があります。一般に大きな病院では給与が低めで福利厚生がしっかりしている事が多く、整形外科クリニックでは比較的給与が高めに設定されている事が多いです。

また最近では訪問リハビリの給与が高い傾向にあり、訪問件数によって歩合制を設けている施設もあるため、年収アップを望んで転職する人が増えてきています。 職場にもよりますが、理学療法士(PT)の昇給はあまり高くは望めないのが現実です。そのため、年収アップをするために転職は一番有効な手段となります。 仕事を続ける上で、給与面はやはり重要です。


家庭環境の変化

結婚やマイホームの購入を機に転職をするケースも多いです。住んでいる地域が変わる事、家族と過ごす時間確保のため休みの取りやすい職場に変えるといった理由が主に挙げられます。また先ほど挙げた年収アップにも重なりますが、子供が生まれたり、マイホームのローンなどで家庭の出費が増えたりする事により、より年収の良い職場への転職を考える人が多いです。


やりたい手技や技術が行えない

理学療法士(PT)が行う治療方法にも様々な種類があり、多くの考え方、手技が存在しています。施設によっては、特定のリハビリ手技に特化していて、その治療手段しか用いてはいけないという縛りがある事があります。医師の意向であったり、リハビリ科の科長の意向であったり、理由は様々ですが、〇〇手技の第一人者が働いている職場にそのような傾向があります。そうなると自分が患者さんのために行いたい治療が行えない事があるため、自分のやりたい治療を求めて転職を考える事もあります。


人間関係がうまくいかない

理学療法士(PT)に限った事ではないですが、職場の人間関係がうまくいかない事によって転職を考える事も多いです。稀ですが、理学療法士(PT)は専門職であるため、こだわりを強く持った人や治療に対しての意識の違いなどから、うまく周りの人と馴染めない事もあります。

こればかりは人それぞれ性格や環境の違いもあるので一概にはいいきれません。


理学療法士(PT)が転職する時に気をつける事

理学療法士(PT)は国家資格であるため、比較的転職はしやすいといわれています。求人も多く掲載されており、選ばなければ選択肢も多いです。しかし、せっかく転職をしたのに新天地が理想と違っていたという事は避けたいものです以下に理学療法士(PT)が転職する際に気をつけるべきポイントについて解説していきます。


リハビリ対象の患者層、疾患の情報を知る

理学療法士(PT)の仕事は基本、患者さんのリハビリをする事です。転職先の患者さんの年齢層や対象疾患の概要は把握しておくようにしましょう。自分はスポーツ分野の仕事をしたいと思って転職をしたのに、実際はスポーツ系の患者さんはほとんど来ない場合や、脳血管疾患を診たいと思ったのに診る機会がない場合などもありえます。そのような場合は、せっかくやりたい仕事を求めて転職したのに、仕事に対するモチベーションを保つ事が難しくなります。


給与面、加入保険、福利厚生の確認

転職する際に、給与面は外せない条件となります。多くの求人票に、月収いくら、年収いくらというような表示がされているのでおおよその予想は出来るかと思いますが、見落としがちなのは転職先の福利厚生や加入保険です。

例えば施設によって健康保険を医師国保で加入している事がありますが、医師国保は家族が増えれば増えるだけ保険料が増加してしまうデメリットがあります。そのため家族持ちの人が年収アップを望んで転職しても、医師国保だった場合、保険料が高くなるため結果的に手取り額が減ってしまうという事になります。子供が増えれば増えるだけ手取り額が減ってしまうという事にもなりうるので必ず確認するようにしましょう。 また基本給とは別に、どのような手当があるのかによっても年収は変わってきます。主なものとしては家族手当、住宅手当、皆勤手当、残業手当など、手当によっても年収は大きく違ってきます。

退職金や賞与、昇給なども長く勤めるためには重要な要素ですので、しっかりと確認する事が大切です。


残業の状況を知る

転職先によって残業時間が異なります。比較的病院は書類業務や会議などの仕事で残業が多い傾向があり、整形外科クリニックでは遅くに来院された患者によって終業時間が遅くなる事も多いです。

また施設によっては、定められた残業時間を超えないと残業代が支払ってもらえないという事もあります。思ったよりも残業が多くて大変、残業したのに給料に反映されないとなってしまうと、仕事のモチベーションにも影響を及ぼすため、転職を希望する施設の残業の状況について把握をしておきましょう。


有給休暇が取りやすいかどうか

理学療法士(PT)の働く施設によっても有給休暇の取りやすさが異なります。病院ではリハビリスタッフの人数が多いため、比較的有給休暇を取りやすいですが、整形外科クリニックや訪問リハビリなどではスタッフの人数次第によってはやや取りにくい傾向があります。 転職の理由として、休みを重要視する場合は特に大切な事となるのでしっかりと把握しておきましょう。


理学療法士(PT)の実際の転職方法

理学療法士(PT)が転職先を探す時に行う方法について解説していきます。


求人サイトで転職先を探す

最近では数多くの理学療法士(PT)向けの仕事を探す求人サイトが存在しています。インターネットが普及している現代では、ほとんどの施設が求人サイトを利用して募集をしており、多くの施設の中から転職先を選ぶ事が可能です。地域別、給料別、分野別、雇用形態別に検索が出来るため、自分に合った仕事を見つけやすいのもメリットです。
求人サイトから見つけた施設に直接連絡をして見学、面接といった流れになります。


転職エージェントを利用

近年増えてきているのが、転職エージェントを利用した転職です。転職希望者に、マンツーマンでアドバイザーがサポートする形で転職先を探してきてくれるというものです。給料、休み、分野、仕事内容など、希望の転職先の条件をアドバイザーに伝え、その希望に沿った施設を見つけてくれるため、忙しい中でも転職活動を進められるというメリットがあります。しかも無料でサポートを受けられます。


知人の紹介

知り合いの理学療法士(PT)の紹介にて転職するケースも比較的多いです。知り合いが働いている職場が求人募集をしているという話を聞いて紹介された場合、実際に働いている人の話を直接聞けるというメリットがあります。求人要項だけではあまり知る事が出来ない、実際の職場の雰囲気や仕事の方針の話を聞けるため、転職の失敗が少ないでしょう。


理学療法士(PT)はキャリアアップ、年収アップのために転職をするのも有効な手段

一般企業の場合、一度入職した職場で長年勤めて昇進して年収をアップしていくという事が理想的かもしれません。ですが理学療法士(PT)の場合、近年有資格者数も増えてきている事から、昇給や昇進が思ったように望めない事が多いのが現状です。

理学療法士(PT)は国家資格で手に職を持っているため転職がしやすく、どこでも働けるというメリットがあります。

一つの職場で長く勤めて自分の地位を高めていくというのも一つですが、転職によってキャリアアップ、年収アップを目指すのも有効な手段です。実際に転職経験がある理学療法士(PT)は数多くいるため、今の職場で満足していない場合やキャリアアップ、年収アップを望んでいる人は転職する事も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

介護職新着求人