小規模多機能型居宅介護での看護師の役割とは何?職場や仕事内容について

気になる気になる ログインログイン 会員登録会員登録

小規模多機能型居宅介護での看護師の役割とは何?職場や仕事内容について

小規模多機能型居宅介護 看護師 

病院以外の施設で、看護師として働く道もあります。しかし、施設の種類はさまざまです。今回は小規模多機能型居宅介護について、看護師の仕事内容や役割について紹介していきます。



小規模多機能型居宅介護とは

小規模多機能型居宅介護とは、通所(デイサービス)、訪問(ホームヘルプ)、泊り(ショートステイ)を受け入れる地域密着型の施設のこと。平成18年の介護保険法改正で新しくできたサービスです。小規模多機能型居宅介護は介護サービスごとに事業所を新しく探す必要がなく、利用者やその家族の負担を減らす目的もあります。また、月額定額制ということも新しいポイントです。通所や訪問、泊りを組み合わせても定額で利用できるため、デイサービスを利用していたけど、家族が体調を崩したのでそのままショートステイを利用するという変則的なことも可能となります。(施設の定員を超えない場合に限ります)サービスを受けられる条件は、介護認定の「要介護」か「要支援」が1以上とされた高齢者です。


小規模多機能型居宅介護での看護師の仕事内容

とある小規模多機能型居宅介護の看護師の一日を紹介します。


9時 申し送り

夜勤帯からの申し送りを受けます。看護師が夜勤をやっているところでは、看護師同士で申し送りをすることもあります。


10時 バイタルチェック、処置

看護師は特に前日や夜間帯に体調の変化があった利用者から、バイタル測定や状態観察を行います。また、入浴前後の皮膚処置や医療処置が必要な利用者さんのところをまわります。


12時 昼食

泊りと通所、食事介助や内服介助が必要な人が多い方へ出向き、フォローします。食事摂取量やむせこみなどがないかを観察しながら行います。


13時 休憩

交代で休憩に入ります。


14時 ラウンド、レクリエーション

デイサービスにいる看護師がバイタル測定などをチェックしてくれているので、午後も変わりないか全体のラウンド。レクリエーションも見守りながら参加します。


16時 記録、申し送り

泊りと通所分の記録をし、それぞれ申し送りを行います。泊りで夜間看護師がいる場合には、直接申し送りをします。


17時 退勤

使用物品の片づけや点検、明日の準備などを行い、退勤。


小規模多機能型居宅介護の職場の特徴

通所(デイサービス)、訪問(ホームヘルプ)、泊り(ショートステイ)を一つの箇所で行えることが一番の特徴といえます。また、利用者や家族の負担を減らすため、自宅での生活を継続できるようにそれぞれのサービスをうまく使えるような仕組みになっています。そのため、通所は午前だけ、午後だけなどの短時間利用も可能で、少人数制のためにひとりひとりに沿ったサービスが受けられるのも特徴です。違うサービスであっても、同じ施設で受けられるので、スタッフが顔なじみであることも安心になります。しかし、施設専属のケアマネージャーさんに変更が必要なことと、通所はいいけど、泊りのサービスはあまりよくないといった場合でも、施設を変更することができないのが難点です。まだ新しいサービスであるために、施設の数は多くありませんが、他の施設に比べてメリット、デメリットを知っておく必要があるでしょう。


小規模多機能型居宅介護の看護師の役割

小規模多機能型居宅介護では、看護師の配置一人以上となっているだけで、明確な役割の定義はなく、施設ごとに模索しながら看護を提供しているのが実情です。施設によっては、訪問中心の小規模多機能型居宅介護などもあります。そのなかでも大きな役割としてあるのは、利用者さんの健康管理、主治医やその他サービスとの連携、介護職員の教育やサポートなどです。特に状態に変化があったときの主治医や家族への連絡などは看護師と管理者が指揮をとって行うことが多いです。いずれにしても、利用者さんが自宅で生活をしたいという思いをくみ取り、利用者さんと家族の負担が軽減できるようにサポートすることが大きな役割ともいえます。

看護師にとっても、通所と訪問、泊りを担当できるのはお得な感じがありますよね。今後は見取り体制の整備や訪問看護ステーションの経営安定のために効率的に運用していく方向です。それぞれにいい気分転換にもなりますし、一か所でひとつの仕事では物足りないと思う看護師におすすめです。

介護職新着求人