デイサービスセンター(通所介護)における作業療法士(OT)の役割は?職場や仕事内容について

気になる気になる ログインログイン 会員登録会員登録

デイサービスセンター(通所介護)における作業療法士(OT)の役割は?職場や仕事内容について

デイサービスセンター 作業療法士 

リハビリのセラピストが働く職場として、最近増えてきているのがデイサービスセンター(通所介護)の職場です。今回はデイサービスセンター(通所介護)における作業療法士(OT)の仕事内容や役割について解説していきます。


デイサービスセンター(通所介護)とは

デイサービスセンター(通所介護)とは、身体機能や精神面の障害により日常生活に支障がある人が、日帰りで食事や入浴などのサービスを受けたり、機能訓練を行ったりする事が出来る公的なサービスをいいます。最近では、より機能訓練を重視した機能訓練型デイサービスセンター(通所介護)と呼ばれるものが増えてきており、作業療法士(OT)が活躍する職場が増えています。


デイサービスセンター(通所介護)における作業療法士(OT)の仕事内容

それでは、ここからはデイサービスセンター(通所介護)における作業療法士(OT)の主な仕事内容についてみていきましょう。


利用者の機能訓練

他のリハビリセラピストと同様、作業療法士(OT)は利用者に対しての機能訓練を行う事が最も中心となる仕事内容です。デイサービスセンター(通所介護)では、リハビリではなく、機能訓練という名称を用いています。病院などで医師の指示の元にリハビリのセラピストが行う訓練の事をリハビリと呼びます。機能訓練は必ずしも医師の指示を必要とせず、リハビリのセラピスト以外にも看護師やあん摩マッサージ師も行う事が出来る訓練、というように位置付けられています。
デイサービスセンター(通所介護)では、集団体操やマシントレーニングの指導、個別の機能訓練を行うのが主な仕事内容です。


福祉用具の提案、チェック

利用者が使用している車椅子や杖などの福祉用具のチェックや提案を行います。作業療法士(OT)の専門的な視点から、安全に動作するにはどのような福祉用具が必要か、身体機能はどの程度かなどを評価しながら、その人に合った福祉用具を提案していきます。


レクリエーション

デイサービスセンター(通所介護)では、集団でゲームをしたり、季節ごとのイベントに合わせてレクリエーションを行ったりする職場が多いです。作業療法士(OT)は、専門分野でもある精神面のアプローチも視野に入れながらレクリエーション内容を考えたり、準備、進行をしたりしていきます。


バイタルチェック

利用者の健康状態の確認のため、血圧、脈拍、体温、血中酸素濃度などの測定を行います。


食事や入浴の介助

デイサービスセンター(通所介護)では食事や入浴のサービスを提供しますが、作業療法士(OT)も他の介護スタッフと一緒に介助をする事が多いです。実際の動作を見ながら、安全な動作方法の指導や介助方法のアドバイスなども行っていきます。


計画書などの書類作成

デイサービスセンター(通所介護)では、利用者の身体機能、介護度、生活状況などを評価して計画書を作成していきます。他のリハビリセラピストや機能訓練指導員と共同して進めていきます。


利用者の送迎

デイサービスセンター(通所介護)と自宅の送迎も行います。車の乗り降りに危険がないかを評価する事で、身体能力の把握も行っていきます。職場によっては、送迎の車の運転を行う場合もあります。


デイサービスセンター(通所介護)における作業療法士(OT)の役割

デイサービスセンター(通所介護)では、病院のように集中的なリハビリにて能力向上を目指すというよりかは、生活リズムを整えて、今ある能力を維持していくという事が重要となります。
デイサービスセンター(通所介護)に通う利用者も、積極的な訓練を求めるよりも、他者とコミュニケーションを取ったり、社会的な関わりを持ったりする場所として通う人が多い傾向にあります。
作業療法士(OT)の役割としては、利用者の精神面のケアをしながら、レクリエーションや作業活動を通して、一緒に楽しみを見つけていくという事が重要となります。 その中でも作業療法士(OT)の専門的な視点で利用者のADL動作を評価しながら、適切なアドバイスやアプローチを行う役割が求められます。また利用者の予後予測を立て、杖や車椅子などの福祉用具の調整や提案を行い、環境面を整えていく事も重要です。
これらを通して、利用者が在宅で快適な生活を送れるようにサポートしていく事が作業療法士(OT)の重要な役割です。


デイサービスセンター(通所介護)の職場のメリット

デイサービスセンター(通所介護)は、利用者の生活により密接に関わる事が出来るため作業療法士(OT)の専門性を生かせる職場であるといえます。 残業が少ない職場が多く、利用者とコミュニケーションを取りながら比較的ゆっくりとしたペースで働けるのもデイサービスセンター(通所介護)の特徴です。


デイサービスセンター(通所介護)における作業療法士(OT)の需要は増加している

今後は高齢化社会を迎えるにあたって、健康寿命をいかに長くするかが重要視されています。最近では健康寿命を長くすべく、機能訓練型のデイサービスセンター(通所介護)が増えてきており、作業療法士(OT)の需要は今後も益々増加していくといえるでしょう。

介護職新着求人