クリニックで働く理学療法士(PT)の仕事内容は?仕事や役割について

気になる気になる ログインログイン 会員登録会員登録

クリニックで働く理学療法士(PT)の仕事内容は?仕事や役割について

理学療法士 PT 

理学療法士(PT)が働く職場として代表的なものにクリニックがあります。特に整形外科クリニックで活躍する事が多いですが、実際の仕事内容や役割はどのようになっているのでしょうか。今回は整形外科クリニックで働く理学療法士(PT)の仕事内容や役割について解説していきます。



クリニックと病気の違い

クリニックとは医院、診療所とも呼ばれ、外来患者を主に診る医療施設の事を指します。一見、病院と何が違うのかと思われるかもしれません。病院とは20人以上が入院できる医療施設を指し、19人以下または入院できる病床がない医療施設がクリニックと医療法で定められています。

地域にある〇〇整形外科、〇〇医院といった外来患者で溢れかえっている医療施設がクリニックです。

もうひとつ、病院とクリニックで大きく違うのは職員の人数です。病院では医師、看護師、介護士、臨床検査技師、栄養士、薬剤師、ソーシャルワーカー、医療事務、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士など多くの職種が働いており、人数もかなり多いのが特徴です。
理学療法士(PT)が働く整形外科クリニックでは、主に医師、看護師、放射線技師、医療事務といった職種が配置されており、人数も少ないのが特徴です。


整形外科クリニックにおける理学療法士(PT)の仕事内容について

整形外科クリニックでの理学療法士(PT)の主な仕事内容について解説していきます。


運動器疾患の患者さんへのリハビリ

病院では脳血管障害、呼吸器障害、老年期障害など対象も多岐にわたりますが、整形外科クリニックでの対象疾患は運動器疾患がほとんどです。いわゆる腰痛、膝痛、首や肩の痛み、手足の痛みといった、骨、関節、筋肉などの運動器に問題を抱えた人が対象になります。

これらの運動器疾患の人に対し、理学療法士(PT)は、徒手療法や運動療法、動作指導などを用いて痛みの緩和や動作能力の向上を図っていきます。


物理療法機器の設置

整形外科クリニックではホットパックや超音波、低周波などの物理療法機器が置いてある事がほとんどです。理学療法士(PT)は患者さんへの機器の設置やリハビリ助手への操作指導などを行います。


書類業務

リハビリを行った患者さんのカルテ記載、リハビリ計画書の作成、他院に転院する場合のリハサマリーなどの作成をします。クリニックの場合、病院ほど書類業務が多くないのが特徴です。


整形外科クリニックにおける仕事内容の特徴

病院や老人保健施設などとは違う整形外科クリニックならではの仕事内容の特徴について解説していきます。


患者数が多く、一人一人にかけるリハビリの時間が少ない

病院では一人の患者さんに対し、3単位(1単位=20分 20×3=60分)でリハビリを行う事もあり、1日に行う人数も比較的少ない傾向があります。整形外科クリニックでは、一人に対して1単位でリハビリを行う事が多く、その分1日に診る人数も多くなります。場所よっては1日20人近くの患者さんをリハビリする事もあります。

そのため病院や老人保健施設などと比べると、慌ただしく忙しい傾向にあります。 また一人一人にかける時間も限られるため、理学療法士(PT)として、評価と治療を手際よくこなせる能力が求められます。


比較的元気な患者さんが多い

病院や老人保健施設、訪問リハビリでは歩く事が困難だったり、起き上がりや立ち上がりにも支障をきたしたりしている患者さんを相手にする事が多いです。しかし、整形外科クリニックでは日常生活は自立できている人が多く、自力で歩けて、動作は自立できている人が対象になる事が多い傾向にあります。患者さんの訴えの主は「痛み」である事が多いため、理学療法士(PT)は「痛み」に対しての治療を行っていく役割が求められます。 またスポーツをしている若い人や部活をしている学生を対象にリハビリをする事も多く、より専門的な知識で介入をする事が求められます。


リハビリは予約制、担当制で行う事が多い

整形外科クリニックでは外来患者が多く来院するため、待合室はいつも賑わっている傾向にあります。そのため、リハビリをスムーズに順番通りに行うために予約制で担当制という方法をとっているクリニックが多い傾向にあります。

決まった時間に決まった人がリハビリを行うので、1日の流れが把握しやすいのと、リハビリの経過を追って介入できるというメリットがあります。

逆に、急な用事で予約がキャンセルになったり、混雑しすぎて次の予約がとりにくく患者さんが通いにくかったりいというデメリットもあります。中には予約制ではなく、来院したらいつでもリハビリを受けられるクリニックもあれば、複数の色々な人が担当するクリニックもあり、施設によって様々ではあります。


整形外科クリニックで働く事による理学療法士(PT)のメリットとデメリット

整形外科クリニック働く事によるメリットやデメリットについて解説していきます。


整形外科クリニックで働くメリット

専門性を高める事ができる

整形外科クリニックでのリハビリ対象のほとんどは腰痛、膝痛、肩痛、スポーツ障害などの運動器疾患です。理学療法士(PT)として、機能面を重視して知識、技術を磨きたいと思っている人は専門性を高めて多くの事を学べます。解剖学、運動学、バイオメカニクス、徒手療法などに特化した知識を学びやすいです。


仕事はリハビリだけに集中しやすい

病院ではカンファレンス、書類業務、委員会の仕事など、リハビリ以外の仕事が多い傾向があります。クリニックではそれらのような仕事内容は比較的少なく、リハビリだけに集中する事ができます。基本的に患者さんの治療を行って、カルテを書いて、ミーティングをしてというのが1日の流れとなります。


カレンダー通りに休みがとれる

祝日やお盆、年末年始などカレンダー通りに休みがとりやすいのが特徴です。クリニック自体がお休みとなるため、家族や友人達との予定も立てやすいでしょう。


基本的に個人で行う仕事が多い

病院ではリハビリスタッフだけではなく、看護師や介護士、栄養士などと連携をとりながら仕事を進める事が多いです。整形外科クリニックでは基本的に対患者さんと一対一で接するため、集団行動が苦手な人や、一人でコツコツやる方が好きな人にはメリットとなる事が多いでしょう。


整形外科クリニックで働くデメリット

拘束時間が長い

18時や19時まで受付しているところが多く、病院と比べると拘束時間が長くなります。その分昼休みが長くとれるクリニックが多いですが、帰宅時間は少し遅めになります。主婦や子持ちの理学療法士(PT)には少し忙しいかもしれません。


機能面に特化して視野が狭くなる

整形外科クリニックではひたすら運動器の患者さんを診る事となります。運動器疾患の専門性が高まるメリットとなるのですが、逆に呼吸器疾患や脳血管疾患といった分野を診る機会がなくなるため、視野が狭くなりがちです。自分は整形分野でずっと理学療法士(PT)をやっていく、と決めている人には良いかもしれません。


一人一人に時間をかけてリハビリできない

担当数も多く、1日にリハビリを行う患者も多いため、1単位でリハビリを回すところが多いです。そのため一人一人に時間をかけてリハビリを行う事ができず、スムーズに評価、治療を行えるスキルが必要とされます。逆をいえば、迅速にリハビリを行えるスキルが身につくため、自身の成長に繋がるともいえます。


急な休みがとりにくい

予約制、担当制でリハビリを行っているところが多いため、急な休みがとりにくいデメリットがあります。また病院と比べるとリハビリスタッフの人数も少ないため代わりにフォローに回りにくいという点も理由に挙げられます。


整形外科クリニックにおける理学療法士(PT)の役割

理学療法士(PT)は患者さんの身体機能を高めて、基本動作能力の回復を促していくというのが主な役割です。整形外科クリニックの場合では、元々身体機能が高く、基本動作能力に支障が少ない人を相手にする事が多い傾向にあります。そのような患者さんの一番多い訴えは「痛み」です。
整形外科クリニックにおける理学療法士(PT)は主に「痛み」を改善して、動作能力を高めていく役割が求められます。
そのため、痛みを引き起こしている組織は何か、どのようなストレスで痛みが再現されるか、そのストレスをかけている動作の原因は何かというのを評価して、改善策を考えなければなりません。動作分析、触診など、より高い専門性を生かして患者さんと関わっていく事が重要です。
患者さんの中には、よく町にあるマッサージ屋と一緒の感覚で通ってくる人もいるのが現状ですが、理学療法士(PT)はただマッサージをするだけの職業ではなく、原因を見極め、専門的にアプローチをして改善させる事が大切な役割となります。

また整形外科クリニックでは入院のように毎日時間をかけてリハビリを行う事ができません。学校や仕事であまり通院できない人も多いです。そのため、自主トレーニングメニューを考えたり、日常生活での注意点を指導したりして、通院以外でも取り組めるようなリハビリを提示する事も理学療法士(PT)の重要な役割です。


整形外科クリニックは理学療法士(PT)の専門性を高められる職場

整形外科クリニックは、運動器、機能面をより勉強して専門性を高めたいという理学療法士(PT)にとっては多くのメリットがある職場です。一昔前は、整形外科クリニックに理学療法士(PT)がいる施設は少なく、薬と物理療法のみで治療をしていましたが、最近のクリニックでは理学療法士(PT)が配置されている施設が多くなっています。今後も腰痛や膝痛で悩む患者さんは増えてくる事から、整形外科クリニックでの理学療法士(PT)の需要は高まっていくといえでしょう。

介護職新着求人