特別養護老人ホーム(特養)ではどんな資格をもっている人が働いているの?職種や役割と仕事について解説

気になる気になる ログインログイン 会員登録会員登録

特別養護老人ホーム(特養)ではどんな資格をもっている人が働いているの?職種や役割と仕事について解説

特別養護老人ホーム 

特別養護老人ホームでは、さまざまな資格を持っている人がそれぞれの専門性を生かしながら働いています。特別養護老人ホームで働く人はどんな資格を持ち、どのような役割を果たしているのでしょうか。詳しく見ていきましょう。



特別養護老人ホームで活躍している職種

特別養護老人ホームでは、入居者の生活を支えるさまざまな専門職が働いています。 まず、入居者が施設でどのように生活するかを入居者や家族とともに一緒に考えるのが、介護支援専門員です。施設生活を送るうえで重要となるケアプランの作成などを行います。
入居者の生活全般を支える職種には、主に次の3種類があります。

介護福祉士
看護師
社会福祉士

入居者が自立した生活を送ることができるよう、心身機能の維持や向上を図るためのリハビリの専門職は、次の3職種が該当します。
理学療法士
作業療法士
言語聴覚士
そして、施設での食事を一手に引き受けているのが管理栄養士です。1日3食の食事だけでなく、おやつなども含めた栄養管理を行っています。

なお、介護保険法では、職種により人員配置が義務付けられているものがあります。具体的な配置基準は以下の通りです。
医師
入所者に対し健康管理及び療養上の指導を行うために必要な数
介護職員又は看護職員
入所者3人に対し1人以上必要
栄養士
1人以上必要
機能訓練指導員
1人以上必要
介護支援専門員
1人以上必要
入所者が100人以上はその端数を超えるごとにさらに1人以上必要


特別養護老人ホームで働く各職種の役割と仕事

特別養護老人ホームで働く人たちは、どのような役割を持っているのでしょうか。それぞれの職種の役割と仕事内容を詳しく見ていきましょう。


介護福祉士

入所者の身の回りのお世話や健康管理などを行うのが介護福祉士です。特別養護老人ホームでは、介護福祉士が主体となって入居者の生活を支えています。入居者にとって、介護福祉士は最も身近で頼りになる存在と言えるでしょう。具体的な仕事内容は、食事や入浴、排泄の介助などの身体介護や、掃除や洗濯などの生活支援、レクリエーションなどとなっています。


看護師

特別養護老人ホームの看護師は、入居者の健康面を支える役割を担っています。介護福祉士と協力し合いながら、日々のバイタル測定などを行い入居者の健康状態を把握します。入居者の薬の管理や定期的な受診などのほか、急変時には地域の医療機関とも連携し適切な対応を行います。


社会福祉士

社会福祉士は、生活相談員として入所者やその家族からの相談に応じたり、入所を希望する人の入所手続きなどを行います。地域との連携や苦情の窓口となることもあります。施設と地域をつなぐ役割を担うことが多いでしょう。介護支援専門員や介護職と兼務している場合もあります。


理学療法士

理学療法士は、特別養護老人ホームの入所者に対しリハビリテーションや生活動作の指導を行う専門職です。入所者の日常生活動作が維持または向上できるよう、運動やマッサージなどを行います。施設に所属している場合もあれば、外部から訪問してリハビリテーションを行う場合もあります。


作業療法士

作業療法士は、理学療法士とともにリハビリテーションを行う専門職です。理学療法士に比べて、より日常生活に密着した生活動作を取り入れながらリハビリテーションを行います。施設に所属している場合もあれば、外部から定期的に訪問する場合もあります。


言語聴覚士

言葉の障害や嚥下障害を対象としたリハビリを専門的に行うのが言語聴覚士です。言語訓練や嚥下機能訓練のほか、食事の形態が入居者に合っているかなどの評価も行います。施設に所属していることは珍しく、病院などから派遣される形でリハビリを行うことが多いでしょう。


介護支援専門員

特別養護老人ホームの介護支援専門員は、施設での生活を円滑に送りながらも自立支援を目指せるようなケアプランを作成します。施設での生活は在宅と違い制限がありますが、その中で本人の能力が引き出せるようなケアプランを作ることが求められます。このケアプランに基づいて施設での生活を送ることになるため、施設のスタッフが同じ目標に向かって動けるよう介護現場をまとめる能力も求められます。


管理栄養士

特別養護老人ホームの管理栄養士は、入居者の栄養面を支える重要な役割を持っています。入居者の心身状態に合わせて、普通食から介護食までさまざまな形態や治療食などを作って提供しています。特別養護老人ホームは生活の場であり、終の棲家になる人も多いことから、入居者に四季を感じてもらえるような季節に応じた食事や行事食の提供もしています。
また、他の専門職と連携して入居者の日々の食事量や食事の様子などから、栄養補助食品を追加したり、水分がより多く摂れるよう工夫した食事を提供することもあります。

介護職新着求人