ケアハウス(軽費老人ホームC型)での看護師の役割とは何?職場や仕事内容について

気になる気になる ログインログイン 会員登録会員登録

ケアハウス(軽費老人ホームC型)での看護師の役割とは何?職場や仕事内容について

ケアハウス 看護師 

病院以外の施設で、看護師として働く道もあります。しかし、施設の種類はさまざまです。今回はケアハウス(軽費老人ホームC型)について、看護師の仕事内容や役割について紹介していきます。



ケアハウス(軽費老人ホームC型)とは

ケアハウスとは、一般的に軽費老人ホームC型のことをさします。軽費老人ホームA型B型との違いは、軽度の介護が必要な人が入居できて、食事の提供があることといえます。A型B型は介護が必要な高齢者の入居はできません。各施設によってサービスなどに多少違いはありますが、医療機関と連携しているところや通院の送迎などを行っているところもあります。
また、ケアハウスのなかでも一般型と介護型があり、食事と生活援助を受けることができるのは同じです。一般型は、60歳以上で現在は介護が必要でない方も入居できます。生活支援や見守り、緊急対応などのサービスが受けられます。介護型では、65歳以上で介護サービスや通院の付き添いなどが受けられ、介護スタッフが常駐しています。要介護1以上が対象です。


ケアハウス(軽費老人ホームC型)での看護師の仕事内容

とあるケアハウス(介護型)の看護師の一日を紹介します。

・9時 申し送り
まず夜勤帯からの申し送りを受けます。看護師は日勤のみ常駐のことが多いので、前日や夜間帯に何か状態変化があった人がいないかを確認します。

・10時 バイタルチェック、医療処置
体調など問題がないか看護師が各部屋をまわります。受診が必要な場合には、付き添いなどをスタッフに依頼します。また、簡単な皮膚ケアなどの医療処置を行うこともあります。

・12時 昼食
食事介助に入ることはあまりありませんが、内服管理や移動介助、配膳下膳などは介護スタッフとともに入ることがあります。

・13時 休憩
交代で休憩に入ります。

・14時 入浴、洗濯、掃除、レクリエーション
午前中に行う場合もありますが、生活援助や季節行事のレクリエーションに対して看護師も関わります。身体機能だけではなく、認知面などの変化がないか、こうした場面から観察することもあります。

・16時 記録、申し送り
看護記録にバイタルサインや健康チェックの記録、医療処置などの記録をします。その後夜間帯のスタッフへ申し送りをします。

・17時 退勤
片付け、翌日準備をして勤務終了です。


ケアハウス(軽費老人ホームC型)の職場の特徴

ケアハウスに入る方の特徴としては、身の回りのことは比較的できるが、少し心配がある、身寄りがいない方などが多いです。施設の特徴は基本的には個室となっており、居室内にベッドトイレ、ミニキッチンなどがあることで、プライバシーが守られやすいことです。共同設備としては、食堂や談話室、浴室などが完備されています。場所によっては、デイサービスなどが併設されているところもあります。 また、一般形のケアハウスの入居では夫婦の入居も可能で、居室が少し広めになっている場合や、2DKタイプになっているところもあります。

ケアハウスで働く人員配置は以下のようになっています。施設⻑(管理者)、⽣活相談員、介護職員、看護職員、機能訓練指導員などです。


ケアハウス(軽費老人ホームC型)の看護師の役割

ケアハウスでは、現時点で介護度が高いという方が多いわけではないため、医療的なケアや介護場面が多くはありません。しかし、病院と違って小規模の施設のため、ひとりひとりと向き合うことができ、より入居者さんと密な関りができます。日頃から入居者さんの健康管理を行い、早期発見や健康維持に努めること、緊急時の対応がケアハウスに勤める看護師の役割といえます。

ケアハウスや治療やリハビリの場ではないため、入居者さんの生活を守ることがメインです。そのため、生活に沿った看護をしたいと考えている看護師やブランクがあって医療的ケアに自信がない看護師にとって、働きやすい職場ともいえます。正職員でなくとも、パート勤務などでの募集も多いため、家庭との両立もしやすい環境にあります。入居者さんの生活の支えや、楽しみの場を提供できることにやりがいを感じる看護師に向いている職場です。

介護職新着求人