病院で働く理学療法士(PT)はどんな流れで仕事をするの?仕事の流れと1日のスケジュールについて

気になる気になる ログインログイン 会員登録会員登録

病院で働く理学療法士(PT)はどんな流れで仕事をするの?仕事の流れと1日のスケジュールについて

理学療法士 病院 

理学療法士(PT)が働く職場として最も多いのが病院です。病院で働く理学療法士(PT)は1日をどのような流れで働いているのでしょうか。今回は病院で働く理学療法士(PT)の仕事の流れ、1日のスケジュールについて解説していきます。



病院における理学療法士(PT)の大まかな仕事の流れと1日のスケジュールについて

病院によっても仕事の流れは異なりますが、大まかな1日のスケジュールの例を挙げていきます。


8:30 出勤 朝礼や朝のミーティング

病院に出勤後、朝礼や朝のミーティングを行い、リハビリスタッフ間で情報交換を行います。患者の状態変化や申し送りなどの情報交換や、会議やカンファレンスなどの有無、リハビリを行う患者リストのチェックなど、1日のスケジュール確認を行います。また月に1回程度病院の職員全体での朝礼を行います。


9:00〜12:00  午前のリハビリ

病棟に行き、看護師や介護士から患者さんの状態に変化がなかったか、申し送りを受けます。リハビリを行なっても良いかどうか状態確認をした後、リハビリを開始していきます。病院では患者さんの状態に合わせて、ベッドサイドでリハビリを行う事もあれば、リハビリ室にてリハビリを行う事もあります。理学療法士(PT)は、ベッドサイドでは主に関節可動域訓練や呼吸訓練、離床訓練などを行なっていきます。
リハビリ室では歩行訓練、動作訓練、バランス訓練など積極的な運動を中心としたリハビリを行なっていきます。


12:00〜13:00 昼休み

昼休みに入り昼食をとります。病院では食堂がある職場も多いです。また時には昼休みの合間を使って、ミーティングや会議が入る場合もあります。その際は時間をずらして昼休みをとる事もあります。


13:00〜17:00 午後のリハビリ

午前中同様、病棟にて看護師、介護士から患者さんの状態についての申し送りを受けます。問題がなければリハビリを開始していきます。


17:00〜17:30 カルテ記載や書類の作成、次の日のスケジュール確認

リハビリを行った患者さんの記録をカルテに記載します。また病院ではリハビリ計画書や退院時サマリーなどの書類の作成などが必要であり、それらの作成を行っていきます。次の日のリハビリを行う患者さんや1日のスケジュールの確認を行います。


業務後

職場にもよりますが、業務後にも会議やミーティングを行う事もあります。 また月に1〜2回程度、勉強会を開催している病院も多いです。理学療法士(PT)の場合、徒手療法や触診など実技系の勉強会や解剖運動学の座学的な勉強会が主な内容となります。



病大まかにですが、病院における理学療法士(PT)の仕事の流れはこのような形になります。これら以外にも、不定期で行う業務もあるので、主な内容をみていきましょう。


カンファレンス

病院では患者さんの治療方針や状態の報告などを行うカンファレンスがあります。医師、看護師、介護士、リハビリセラピスト、ソーシャルワーカーなどの他職種、そして家族が参加します。家族が病院に面会に来られる時間に合わせるので、リハビリ業務の合間に行う事が多いです。


家屋調査

病院から自宅に退院を控えている患者さんの自宅に直接訪問して、家屋調査を行います。より生活がしやすいように、段差の解消や手すりの設置、福祉用具の検討などを行います。


会議

病院はリハビリ業務以外にも委員会や係の仕事が多い特徴があります。例えば季節ごとのイベント係や褥瘡予防委員会、衛生管理委員会など病院独自の委員会があり、それぞれ会議を行いながら業務を進めていきます。


病棟指導

介護士や看護師に患者の移乗動作の指導や、ベッド上のポジショニングの指導を行います。理学療法士(PT)はこれらの専門分野なので、出来るだけわかりやすいように指導していきます。


学生指導

病院では、学生の実習を受け入れる事が多く、学生のスーパーバイザーとして指導を行います。理学療法士(PT)は実技の指導、課題のフィードバックなどを中心に合間の時間や業務後の時間を使って指導します。


病院における理学療法士(PT)の仕事の流れの特徴

病院では1日にリハビリを行う単位数のノルマが課されている事が多いのが特徴です。何事もなければ、スムーズにリハビリをこなせるように時間にはある程度の余裕が設けられています。しかし、看護師や介護士から相談を受けたり、患者が体調不良でリハビリが出来なかったり、急遽会議が入ったりと、イレギュラーな事が起こる事も多々あります。

そのため1日のスケジュールを予定通りにこなせない事も多く、臨機応変に対応する事が必要となります。 また病院では院内の勉強会を開催している職場も多く、業務後の時間を使って新人教育や講習会の伝達を行います。経験年数が若かったり、多くの事を学びたかったりする理学療法士(PT)にとっては望ましい環境といえるでしょう。

介護職新着求人