デイケア(通所リハビリテーション)での看護師の役割とは何?職場や仕事内容について

気になる気になる ログインログイン 会員登録会員登録

デイケア(通所リハビリテーション)での看護師の役割とは何?職場や仕事内容について

デイケア 看護士 

病院以外の施設で、看護師として働く道もあります。しかし、施設の種類はさまざまです。今回はデイケアについて、看護師の仕事内容や役割について紹介していきます。



デイケア(通所リハビリテーション)とは

通所サービスの中でもデイケアとデイサービスと呼ばれるものがあります。似た名前ですが、厳密には違う施設です。

デイサービス(通所介護)では介護保険サービスにより、食事や入浴などの介護サービスを受けることとされています。しかし、デイケアは同じ介護保険サービスでもリハビリテーションを受けることとされています。機能回復を目的としたもので、食事や入浴サービスもありますが、目的が違うのです。
また、リハビリテーションを受ける点で、いくつかポイントがあります。それは、前もって医師の指導を受けておくこと、理学療法士や作業療法士、看護師などの資格を持ったスタッフが行います。

要介護1〜5であれば、デイサービスとデイケアの併用が可能ですが、要支援の場合には、介護予防通所リハビリテーションというものもあります。日常生活の自立を助けるため、リハビリスタッフが支援し、個別に必要な運動機能改善などのサービスなどを提供しています。


デイケア(通所リハビリテーション)での看護師の仕事内容

とあるデイケア(通所リハビリテーション)の看護師の一日を紹介します。


・9時 送迎バスでお出迎え

看護師は施設で受け入れ準備をします。施設に到着後、送迎のスタッフより申し送りを受け、利用者さんの内服薬や衣服などの荷物を預かります。落ち着いたところで、健康問題があにかどうか、バイタルサインなどのチェックを行います。


・10時 入浴

大浴場リフト浴もあり、自立度に合わせて入ります。看護師は一部入浴介助に入る場面もありますが、皮膚処置や入浴後の利用者さんの状況を見守りしたりします。


・12時 昼食

看護師は内服薬の管理や食事介助などに適宜入ります。


・13時 休憩

交代で休憩に入ります。


・14時 リハビリテーション、レクリエーション

個別リハビリでは、リハビリスタッフから生活状況に合わせたリハビリを提供します。看護師はレクリエーションなどを通して、参加することもあります。


・15時 お茶の時間

レクリエーションのあとに、ちょっと一息つくためにお茶やおやつの時間があります。看護師も食事介助に入ることもあります。


・16時 帰宅

送迎車により帰宅します。申し送り事項がある方は連絡ノートなどに記載しておきます。看護師は送迎には付き添わないことが多いので、この間に記録などを行います。


・17時 退勤

片付け、翌日準備をして勤務終了です。


デイケア(通所リハビリテーション)の看護師の役割

デイケアでは、リハビリテーションを目的としているため、看護師も入浴やレクリエーションを通してリハビリテーションの介入を行います。限られた時間ではありますが、利用者さんの生活をサポートすることができます。また、デイケアであっても医師の指示があれば医療行為を行うこともあります。血糖測定やインスリン注射、皮膚処置などが多いです。

デイケアでは機能回復が間近でみられることや、自立度が高い利用者さんも多く、コミュニケーションを楽しむことがやりがいと感じます。また、日勤だけの勤務であることや、医療行為がそれほど多くないことなどからママさんナースやブランクありの看護師にとって働きやすい職場ともいえます。家庭と仕事を両立したい看護師にとって、施設看護師は人気の仕事であり、今後も注目されることでしょう。

介護職新着求人