居宅介護支援事業所で働くケアマネジャーはどんな流れで仕事をするの?仕事の流れと1日のスケジュールについて

気になる気になる ログインログイン 会員登録会員登録

居宅介護支援事業所で働くケアマネジャーはどんな流れで仕事をするの?仕事の流れと1日のスケジュールについて

居宅介護支援事業所 ケアマネージャー 

ケアマネジャーは、介護や支援が必要な高齢者が自立した生活を送れるよう、介護サービス全般のサポートを行う仕事です。自宅などで暮らす高齢者を支える居宅介護支援事業所で働くケアマネジャーは、どのような流れで仕事をしているのでしょうか。仕事の流れと1日のスケジュールについて詳しく見ていきましょう。



病院で働く介護士の仕事内容

病院では、配属される部署によって介護士の仕事内容が少し変わってきます。 一般病棟へ配属された場合には、看護師の補助的役割が強くなります。患者さんの排泄や入浴の介助といった身体介護だけでなく、リネン交換やベッド周りの清掃などを行うこともあります。 療養病床に配属された場合は、看護師とともに担当の患者さんを受け持ちます。一般病棟で行う業務に加えて、カルテ記入や入院中の個別計画の立案もします。一般病棟に比べると、患者さんとの関わりが増えます。 介護医療院に配属された場合には、療養病床と同じ仕事に加えてレクリエーションの企画実施なども行われます。介護医療院では、介護士は治療だけでなく生活の場としての支援を実施します。


居宅介護支援事業所で働くケアマネジャーの仕事内容

居宅介護支援事業所で働くケアマネジャーは、次の5つの仕事を行っています。


要介護認定に関わる仕事

介護や支援を必要とする高齢者が介護保険サービスを使用するためには、介護認定を受ける必要があります。居宅介護支援事業所のケアマネジャーは、本人や家族に代わって代理の申請を行うことができます。 また、行政からの委託を受けてケアマネジャーが介護認定調査を行うこともあります。


ケアプランの作成

介護認定を受けた利用者が実際に介護保険サービスを利用するためのケアプランを作成します。作成の際には、本人や家族に直接面接したうえで、どのようなサービスを希望しているのか、実際にどのようなサービスが必要なのかを調査・分析します。


サービス事業者との連絡や調整

ケアマネジャーは、利用者が実際に介護保険サービスを利用できるよう、利用者の状況や希望に合わせたサービス事業者の検索や、契約条件の確認や日程の調整などを行います。


モニタリングと再評価

介護保険サービスが提供された後は、提供されているサービスが適切かどうかを最低月1回は利用者の元を訪れて確認し評価します。評価内容に応じて、サービスの見直しやケアプランの修正を行います。


介護給付費の管理

介護保険のサービス利用で発生する介護給付費の管理もケアマネジャーの仕事のひとつです。サービス利用票や提供票の作成や、実績と確認して給付票を作成するなどの実績管理なども行います。


居宅介護支援事業所で働くケアマネジャーの仕事の流れと1日のスケジュール

それでは、居宅介護支援事業所で働くケアマネジャーの実際の仕事の流れを、1日のスケジュールに沿ってみていきましょう。なお、ケアマネジャーは一人で数十件の利用者を担当しているため、利用者の状況に応じてスケジュールは大きく変わります。


9:00 朝礼 スケジュール確認

朝礼で他のスタッフと連絡事項を確認したのち、その日のスケジュールを確認します。


10:00 モニタリング・事業所訪問 事務作業

利用者宅を訪問しモニタリングを行います。 新規の利用者の場合は、これまでの様子や介護保険が必要な状況などを詳しく知る必要があるため、時間がかかることが多いでしょう。 サービス担当者会議などで事業所を訪問することもあります。 訪問が終わった後や訪問予定がない時には、事務所でサービス提供票やケアプランの作成などの事務作業を行います。


12:00 休憩

1時間ほど昼食休憩をとります。 その日のスケジュールによっては、休憩時間が前後することもあります。


13:00 モニタリング 事業所訪問 事務作業

午前中と同様に、モニタリングなどを行います。 モニタリングの予約のための電話なども、事務所にいるときに行っています。 介護申請の代行がある場合には、役所に行き手続きをします。 その他に、地域連携の活動に参加することもあります。


17:30 終業

終業時間が来たら次の日のスケジュールを確認し、準備をして終業となります。 仕事の進み具合や利用者の生活状況などによっては、電話予約やモニタリングの時間が遅くなることもあり、残業することもあるでしょう。 特に、実績管理業務が忙しい月初めには残業する人が多いようです。

介護職新着求人