デイサービスセンター(通所介護)における理学療法士(PT)の役割は?職場や仕事内容について

気になる気になる ログインログイン 会員登録会員登録

デイサービスセンター(通所介護)における理学療法士(PT)の役割は?職場や仕事内容について

デイサービス 理学療法士 

リハビリのセラピストが働く職場として、最近増えてきているのがデイサービスセンター(通所介護)の職場です。今回はデイサービスセンター(通所介護)における理学療法士(PT)の仕事内容や役割について解説していきます。



デイサービスセンター(通所介護)とは

デイサービスセンター(通所介護)とは、身体機能や精神面の障害により日常生活に支障がある人が、日帰りで食事や入浴などのサービスを受けたり、機能訓練を行ったりする事が出来る公的なサービスをいいます。 最近では、より機能訓練を重視した機能訓練型デイサービスセンター(通所介護)と呼ばれるものが増えてきており、理学療法士(PT)が活躍する職場が増えています。 通常のデイサービスセンター(通所介護)では、利用者は1日7〜8時間滞在し、入浴や食事などのサービスを受け、機能訓練を行うのですが、機能訓練型のデイサービスセンター(通所介護)は入浴や食事などは行わず、個別の機能訓練やマシントレーニングだけを行って、3〜4時間程度の滞在で帰宅するという流れになっています。


デイサービスセンター(通所介護)とデイケア(通所リハビリテーション)の違い

デイケア(通所リハビリテーション)は、医師の指示の元、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)などリハビリのセラピストが利用者に「リハビリ」を行います。 デイサービスセンター(通所介護)の場合は、リハビリのセラピスト以外にも看護師、あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師などが「機能訓練」として利用者に提供します。必ずしも医師の診断を必要とはしません。 「リハビリ」と「機能訓練」は、実際に行う内容に大きな差はありませんが、医師の指示の元行っているかどうかが大きな違いとなります。


デイサービスセンター(通所介護)における理学療法士(PT)の仕事内容

デイサービスセンター(通所介護)における理学療法士(PT)の主な仕事内容についてみていきましょう。


利用者の機能訓練

理学療法士(PT)の主たる仕事内容は利用者に個別の機能訓練、集団体操、マシントレーニングの指導などを行っていく事です。病院のように時間をかけて、重点的に行うというよりかは、限られた時間の中で効率的に体を動かしていく事を目的とします。 またデイサービスセンター(通所介護)では、リハビリのセラピストだけではなく、看護師やマッサージ師、柔道整復師も機能訓練指導を行うため、介入方法の指導なども行う事があります。


機能訓練以外の理学療法士(PT)の仕事内容

職場によっても様々ですが理学療法士(PT)は機能訓練だけでなく、他にも多くの仕事内容を行っていきます。 利用者の送迎(運転)、バイタル測定、食事や入浴介助、レクリエーション、お茶出しなど、利用者へのサービスも理学療法士(PT)が行う仕事内容に含まれます。 またケアマネジャーや家族への経過報告や通所介護計画書の作成なども行っていきます。


デイサービスセンター(通所介護)における理学療法士(PT)の役割

デイサービスセンター(通所介護)では、病院のように積極的に介入して身体機能の向上に重きをおくというよりかは、生活リズムを整えて、身体の機能を維持していくという事が主な目的となります。介護予防を目標に生活の一部に機能訓練を取り入れ、利用者が安全に継続出来る体操や運動を提供していく事が重要となります。 理学療法士(PT)は身体面、動作面の専門家であるため、安全な動作や運動方法の方向性を示す役割が求められます。近年、デイサービスセンター(通所介護)に理学療法士(PT)が配置されている職場が増えてきており、その専門的な知識を提供する役割が求められています。看護師やあん摩マッサージ師も機能訓練に携わる事もあるため、アドバイスや指導といった役割を担う事もあります。


デイサービスセンター(通所介護)の職場の特徴

デイサービスセンター(通所介護)は、一般に残業が少なく、病院やクリニックのように患者で溢れかえっているというような忙しい環境ではないため、比較的ゆっくりとしたペースで働ける職場といえます。 デメリットとしては、機能訓練以外に利用者へのサービスなどの雑務が多い事が挙げられますが、その分利用者とも関わる機会を多く持てるため、人と接する事が好きな人には向いているといえるでしょう。


デイサービスセンター(通所介護)における理学療法士(PT)の需要は増加傾向

高齢化が進むに当たって、健康寿命をいかに伸ばしていくかが重要視されています。年々、機能訓練型のデイサービスセンター(通所介護)が増えてきており、介護予防のための機能訓練を行う施設が増えてきています。理学療法士(PT)は身体機能の専門家であり、足腰を弱らせないための介護予防には欠かせない存在です。今後もデイサービスセンター(通所介護)では、理学療法士(PT)をはしめ、リハビリのセラピストの需要はますます高まっていくといえるでしょう。

介護職新着求人