介護老人保健施設(老健)で働く介護士はどんな流れで仕事をするの?1日のスケジュールについて

気になる気になる ログインログイン 会員登録会員登録

介護老人保健施設(老健)で働く介護士はどんな流れで仕事をするの?1日のスケジュールについて

介護士 介護老人保健施設


介護老人保健施設は在宅復帰を目指す中間施設として位置づけられており、老健ともいわれています。介護老人保健施設で働く介護士はどのような流れで仕事をしているのでしょうか。介護士の仕事内容と1日のスケジュールを見ていきましょう。



介護老人保健施設(老健)での介護士の仕事内容

介護老人保健施設では、介護を必要とする高齢者が在宅生活に向けて医療ケアや日常生活の支援を介護士や看護師から受けることができます。介護老人保健施設では、次のような仕事を介護士が行っています。


身体介護

介護老人保健施設には、介護を必要とする高齢者がたくさん入所しています。介護士は、食事や入浴、排泄など直接体に触れて行う介護を行います。食事はホールや食堂で他の入居者さんと一緒に食べることが多いため、移乗や移動を介助する機会も多いでしょう。入浴では、介護士は入居者さんの心身状態に合わせて支援を行います。施設によっては、寝たまま入浴できる機械浴やリフトなどを備えているところもあります。介護士は、入居者ができることは自分でしてもらうなど支援するなど、在宅復帰に向けた介護を行います。


レクリエーション・季節行事

介護老人保健施設では、心身機能の現状維持や向上および単調になりがちな日常生活に潤いが持てるよう、日々レクリエーションや季節行事を開催しています。このレクリエーションや季節行事の企画・実施を行うのが介護士です。介護度の違う入居者さんが多く入居する介護老人保健施設では、心身状態が違っても楽しめるようなレクリエーションを企画する必要があります。また、体を動かすものや頭の体操など、飽きがこないようなレクリエーションを計画し、生活が単調にならないような工夫も求められます。 季節行事では、近隣住民との交流を図っているところも多く、夏祭りや敬老会などでは外部のボランティアや地域の小学校、保育園などの子どもたちを招待して出し物をしてもらう施設もあります。


生活リハビリ

介護老人保健施設は在宅復帰を目指した中間施設であるため、生活に即したリハビリを行う必要があります。施設ではリハビリ専門職が常駐しており、施設ケアプランに応じたリハビリ計画に沿って、リハビリ室での機能訓練が実施されています。それらのリハビリとは別に、在宅生活への復帰を目指したリハビリを食事や入浴など普段の生活の中で行います。この生活に即したリハビリを生活リハビリと言います。生活リハビリは日々の生活の中で行われるため、介護士が担当することが多いでしょう。具体的には、入浴後のドライヤーや歯磨きを自分で行ってもらうよう声かけや支援を介護士が行います。


介護老人保健施設(老健)における介護士の1日のスケジュール

介護老人保健施設では、介護士はどのような流れで仕事をしているのでしょうか。1日のスケジュールの一例を見てみましょう。なお、施設によって1日のスケジュールには違いがあります。実際の流れを知りたい場合には直接施設に問い合わせてください。


6:30 モーニングケア

起床後のおむつ交換やトイレ誘導、洗顔や着替えなどの介助を行う。


8:00 朝食

朝食の介助、歯磨きなどの口腔ケア、トイレ誘導、服薬介助などを行う。


8:30 朝礼・申し送り

夜勤者からの申し送りの後、朝礼で入居者さんの情報共有を行う。


9:30 レクリエーション・アクティビティ

レクリエーションは午前もしくは午後のどちらかで実施。 集団でのレクリエーションや個別で手芸などの活動を支援する。


10:00 入浴

レクリエーションなどの合間に、入浴担当者がその日の入浴者の介助を行う。


12:00 昼食

昼食の介助、歯磨きなどの口腔ケア、トイレ誘導、服薬介助などを行う。


13:00 おむつ交換・体位変換

寝たきりの入居者のおむつ交換や体位変換を行う。


14:00 レクリエーション・アクティビティ

午前中にレクリエーションを行わない施設では、午後にレクリエーションを行う。


15:00 おやつ

おやつを提供し、同時に水分補給を促す。 必要に応じてトイレ誘導なども行う。


16:30 申し送り・カルテ記入

夜勤者に申し送りをする。 利用者の様子をカルテ記入する。


18:00 夕食

夕食の介助、歯磨きなどの口腔ケア、トイレ誘導、服薬介助を行う。


20:30 おむつ交換・就寝準備

寝たきりの人のおむつ交換や体位変換、着替えなどの就寝準備などを行う。


21:00 巡視・カルテ記入

夜勤帯でおむつ交換や体位変換を定期的に行う。 カルテ記入や急変時のオンコールなども行う。


介護職新着求人