ケアハウス(軽費老人ホーム)で働く介護士はどんな流れで仕事をするの?1日のスケジュールについて

気になる気になる ログインログイン 会員登録会員登録

ケアハウス(軽費老人ホーム)で働く介護士はどんな流れで仕事をするの?1日のスケジュールについて

介護士 軽費老人ホーム ケアハウス


家庭環境や経済的事情により自宅での生活が困難な高齢者のための公的な施設を「ケアハウス(軽費老人ホーム)」と言います。ケアハウスで働く介護士はどのような流れで仕事をしているのでしょうか。介護士の仕事内容と1日のスケジュールを詳しく見ていきましょう。



ケアハウス(軽費老人ホーム)の介護士の仕事内容

ケアハウス(軽費老人ホーム)には、身の回りのことができる自立した高齢者向けの「一般型」と要介護者を対象とした「特定施設」の2種類があります。介護士が行う仕事内容は次の通りです。


生活援助

ケアハウス(軽費老人ホーム)では、洗濯や掃除など日常生活を快適に送るための生活支援を介護士が行っています。一般型の場合には自立している入居者さんが多いことから、介護士が介入することは少ないでしょう。一方、介護型では介護士が入居者さんと一緒に行う場合や、すべてを介護士が行う場合があります。


レクリエーション

ケアハウス(軽費老人ホーム)では、レクリエーションも行われます。介護士は、レクリエーションの企画や実施を担当しています。一般型では元気な人が飽きずに楽しめるような内容を企画します。施設外へ出かけていくレクリエーションが開催されることもあります。介護型では、介護度に違いがあっても楽しめるような工夫をしています。夏祭りなどの季節行事も行われます。

また、レクリエーション以外にサークル活動を行う施設も多く、華道や書道、カラオケや手芸クラブなど、さまざまな活動をしています。定期的に買い物ツアーを行う施設もあります。


身体介護

介護型では、排泄や入浴、食事の介助などの身体介護も介護士の大切な仕事となります。入居者さん一人ひとりに合わせて、心身機能が低下しないような支援を行います。一般型では、介護士は身体介護を行わないため、必要な入居者は外部サービスを利用して新た介護サービスを受けています。

健康管理

ケアハウス(軽費老人ホーム)では、日々の健康管理を介護士が行います。入居者さんの体調が悪いときやいつもと様子が違うときには、看護師に報告し対応します。また、協力医療機関が決められているため緊急時にはすぐに対応ができるようになっています。通院の必要がある入居者さんに看護師や介護士が付き添うこともあります。


ケアハウス(軽費老人ホーム)における介護士の1日のスケジュール

ケアハウス(軽費老人ホーム)では、入居者さんが比較的自由な時間を過ごせるようなスケジュールが組まれています。実際のスケジュールは施設によって違うため、詳しくはそれぞれの施設に確認してください。それでは、ケアハウス(軽費老人ホーム)の一日のスケジュールの一例をみてみましょう。


7:00 起床

洗面や着替えなどで支援が必要な人の介助を行う。


8:00 朝食

介護型では食事介助が必要な人を介助する。


10:00~18:00 体操、レクリエーション、入浴

介護型では介護士が入浴介護を行う。 一般型では入居者のリズムに合わせて自由に入浴する。 その他の時間は体操やレクリエーションなどに自由に参加。 介護士はレクリエーションの司会や浴室の準備・片付けなどを行う。 午前中にティータイムがとられる場合には、その準備を行う。


12:00 昼食

15:00 おやつ

16:30 夜勤者への申し送り

夜勤者が常駐する施設では夜勤者への申し送りを行う。


18:00 夕食

21:00 消灯

介護職新着求人