有料老人ホーム(有料)で働く介護士はどんな流れで仕事をするの?1日のスケジュールについて

気になる気になる ログインログイン 会員登録会員登録

有料老人ホーム(有料)で働く介護士はどんな流れで仕事をするの?1日のスケジュールについて

介護士 有料老人ホーム


高齢者の住まいとして昔から知られている施設が有料老人ホームです。近年はその役割も変わってきており、有料老人ホームの種類によって介護士の仕事の流れにも違いがあります。有料老人ホームで働く介護士はどのような流れで仕事をしているのか詳しく見ていきましょう。



有料老人ホームで働く介護士の仕事内容

有料老人ホームには、比較的自立度が高い高齢者が入居する「住宅型有料老人ホーム」と、介護保険の特定施設入居者生活介護の指定を受けている「介護付有料老人ホーム」そして健康で自立した人でなければ生活を送ることができない「健康型有料老人ホーム」があります。この中でも介護士が活躍することが多い住宅型と介護型での介護士の仕事内容を見ていきましょう。


住宅型有料老人ホーム

住宅型有料老人ホームでは、介護が必要になれば外部の事業所から介護サービスを受けることが多いため、介護士は直接介護をする機会は少ないでしょう。ただし、介護度の高い高齢者を受け入れている施設では、食事や排泄、入浴などの介助を行うこともあります。 また、居室の掃除やリネン交換なども住宅型有料老人ホームでは、介護士の大切な仕事となっています。

さらに、日々の生活を豊かにするためのレクリエーションや季節行事の企画・実施も介護士が行います。施設によってはお花見や買い物ツアーなど、施設外に出て行うレクリエーションを複数取り入れているところもあります。


介護付有料老人ホーム

介護付有料老人ホームでは、介護が必要な入居者さんに対し24時間体制で支援を行います。そのため、住宅型に比べて直接介護を行う機会が多くなります。居室の掃除やリネン交換などは住宅型と同様に、介護士が行うことが多いでしょう。 レクリエーションや季節行事の企画・実施も介護士が行います。ただし、介護度が高い入居者さんが多いことから、レクリエーションの立案には誰もが楽しめるよう考慮する必要があります。


有料老人ホームにおける介護士の1日のスケジュール

有料老人ホームでは、介護士はどのような流れで仕事をしているのでしょうか。ここでは、介護付有料老人ホームでの1日の流れを見ていきましょう。なお、施設によって1日の流れは変わりますので、実際にどのようなスケジュールで仕事が行われているかを知りたいときには、施設に問い合わせてください。


7:00 モーニングケア

洗顔の声かけや、温かいタオルで顔を拭く。 トイレ誘導やおむつ交換を行う。


8:00 朝食

食事の配下膳を行う。 一人で食べるのが難しい人には食事介助を行う。 食後は服薬の声かけや介助、口腔ケアを促したり介助する。


10:00 入浴

その日入浴する入居者さんの見守りや介助を行う。


10:30 レクリエーション

※施設によって午前中の場合と午後の場合があります。


12:00 昼食

食後には、服薬や口腔ケアの声掛け、介助を行う。 トイレ誘導やおむつ交換を行う。


14;00 リハビリテーションやアクティビティ

入居者さん一人ひとりに応じた個別の対応を行う。


15:00 おやつ

おやつの後にはトイレ誘導やおむつ交換を行う。


16:30 申し送り、カルテ記入

夜勤者への申し送りを行い、カルテ記入をする。


18:00 夕食

服薬や口腔ケアの声掛け、介助を行う。 トイレ誘導、おむつ交換の実施。


21:00 消灯

夜間帯は巡視、カルテ記入、入居者によってはおむつ交換や体位変換を行う。

介護職新着求人