居宅ケアマネジャーと施設ケアマネジャーの違いは?それぞれの仕事内容や役割について

気になる気になる ログインログイン 会員登録会員登録

居宅ケアマネジャーと施設ケアマネジャーの違いは?それぞれの仕事内容や役割について

居宅ケアマネジャー 施設ケアマネジャー

ケアマネジャーには、在宅生活を送っている高齢者を担当する「居宅ケアマネジャー」と、介護施設に所属する「施設ケアマネジャー」がいます。それぞれの違いについて詳しく見ていきましょう。


居宅ケアマネジャーの仕事内容

在宅で生活している高齢者のケアマネジメントを行うケアマネジャーを「居宅ケアマネジャー」といいます。ここでいう在宅とは、自宅だけでなくサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)も含まれています。なぜなら、介護保険法上ではサ高住は住宅となっており施設と区別されているからです。サ高住にも施設ケアマネジャーは在籍していますが、自宅で暮らしていた時に担当だったケアマネジャーをそのまま引き続き利用している人もいます。
居宅ケアマネジャーの仕事は、主に次の4つがあります。

利用者宅を訪問

居宅ケアマネジャーは、1か月に1回は利用者宅を訪問してモニタリングを行う義務があります。必要があるときにはその都度訪問するため、1か月に何回も訪問することもあります。訪問時には、利用者の心身の状況や住環境を見て現状の把握に努め、必要に応じてケアプランの見直しなども行われます。家族と暮らしている場合には、家族から様子をうかがうこともあります。

ケアプラン作成

ケアプランの作成は、ケアマネジャーにとって大変重要な仕事のひとつです。なぜなら、介護保険サービスを利用する際には、ケアプランに基づいてサービス提供が行われるからです。居宅ケアマネジャーは、利用者や家族にアセスメントしたうえで利用者の解決すべき課題を分析し、必要なサービスを利用者と一緒に考えケアプランに盛り込みます。

関係機関との調整

ケアプランに盛り込んだサービスを利用するために関係機関と調整を行うのも、居宅ケアマネジャーの仕事です。利用前にはサービス担当者会議を開催し、利用後も関係機関と情報共有を行います。介護度が変わったときやサービスの変更があるときなどには、再度サービス担当者会議を開きます。

給付管理業務

介護保険サービスの利用で生じたお金に関わる業務を「給付管理業務」といいます。給付管理では、次の4つの仕事を居宅ケアマネジャーが行います。

・1か月ごとに利用者の介護保険サービス利用予定を作成
・サービス提供者との調整
・サービス提供後の実施内容を確認
・国民健康保険団体連合会(国保連)に必要書類を送付
居宅ケアマネジャーは、この流れの中で「給付管理票」を作成します。この給付管理票は国保連が介護給付費を払う際に大変重要な書類となります。そのため、間違いがないようにさまざまな書類とよく照らし合わせながら作成する必要があり、居宅ケアマネジャーの仕事の中でも大きなウエイトを占める仕事であるといえるでしょう。

施設ケアマネジャーの仕事内容

介護施設に所属して入所者のケアマネジメントをするケアマネジャーを「施設ケアマネジャー」と言います。介護保険法では、施設ケアマネジャーは利用者100人に対し1人以上となっているため、多くの施設では100人近い利用者を一人のケアマネジャーが担当しなければなりません。

しかし、施設には要介護度の高い入居者が多いことや、それぞれの状況に合わせつつ施設での生活に応じたケアプランの作成となるため、居宅ケアマネジャーほど多くの種類のサービスを把握して調整する必要はないでしょう。また、出勤すれば利用者の状況を把握することができるため、モニタリングの回数についても決まりはありません。 施設ケアマネジャーは、入居者のケアプラン作成と要介護認定の更新の手続きなどが主な仕事となります。ケアプラン作成については、基本的には居宅ケアマネジャーと同様に作成します。ケアプランは次の6つの表で構成されています。

・居宅および施設サービス計画書(第1表)
・居宅および施設サービス計画書(第2表)
・週間サービス計画書(第3表)
・日課計画書(第4表)
・サービス担当者会議の要点(第5表)
・居宅および施設介護支援経過(第6表)

このうち、施設ケアプランでは週間サービス計画書(第3表)と日課計画書(第4表)については、どちらか一つを作成すればよいということになっています。

施設ケアマネジャーは、所属する施設によっては生活相談員や現場業務を兼任することがあります。また、兼任の場合には夜勤を担当することもあるため、施設ケアマネジャーを検討する場合には募集要項や面接時にしっかりと確認しておきましょう。

介護職新着求人