言語聴覚士(ST)とはどんな仕事?仕事内容や職場について

気になる気になる ログインログイン 会員登録会員登録

言語聴覚士(ST)とはどんな仕事?仕事内容や職場について

言語聴覚士



リハビリテーション専門職といえば理学療法士(PT)と作業療法士(OT)ですが、もう1つ忘れてはならないのが言語聴覚士(ST)です。しかし言語聴覚士(ST)はどのような仕事をするのかあまり広く知られていないかと思います。そこで今回は、言語聴覚士が実際にどのような仕事をするのか、どのような職場で働くのかなど、言語聴覚士の仕事内容について解説していきます。

言語聴覚士(ST)は言語機能や摂食嚥下機能のリハビリテーションを行う専門家

日本では、言語聴覚士(ST)の歴史は比較的浅く、1997年に言語聴覚士法が制定されて国家資格となりました。言語聴覚士(ST)とは病気や加齢、障害などによって、会話や発話などの言語機能や食事などの摂食、嚥下機能が低下した人に対して、指導や訓練を行うリハビリテーションの専門家です。人間にとって重要な「食べる」「話す」「聞く」といった機能に障害がある人に対して、専門的なリハビリテーションを行う事によって社会復帰や在宅復帰を支援する仕事です。

言語聴覚士(ST)の仕事内容は「言語・聴覚障害」「摂食・嚥下障害」「高次脳機能障害」の3つに分けられる

言語聴覚士(ST)は「話す」「聞く」「食べる」ための機能に対してリハビリテーションを行うスペシャリストです。対象となる患者さんは子供・大人を問わず、先天的な障害がある人から、病気や加齢によって障害を抱えた人までと幅広く、一人一人問題も異なってきます。その中で言語聴覚士(ST)の仕事内容は大きく3つに分けられます。

言語・聴覚障害へのリハビリテーション

言語障害・聴覚障害での主な仕事内容は、脳卒中や頭部外傷などの原因によりコミュニケーションに欠かせない「話す」「聞く」「読む」「書く」ための発音・発声・聴覚など各機能に障害がある人に対してリハビリテーションを行う事です。言語障害には失語症と構音障害の2種類があります。

失語症

脳の言語中枢に損傷を受け、それまでに獲得した言語機能に障害が生じた状態を失語症といいます。症状としては、話が理解できない、うまく話せない、文字の読み書きができない状態となります。リハビリテーション方法は、言葉を思い出す訓練やコミュニケーションボードなどを利用した代償手段の獲得を目指し訓練を行っていきます。

構音障害

唇や舌など発話に必要な器官に障害があり、発話しづらく、呂律が回らず正しい発音が出来ない状態を構音障害といいます。失語症とは違い、耳で聞いて理解する能力に問題はありませんが、舌や唇をスムーズに動かすことができないため、ことばをうまく発することができないのが主な症状となります。リハビリテーション方法は、唇や舌など発語器官の運動訓練や呼吸筋の訓練を行っていきます。

摂食・嚥下障害へのリハビリテーション

食べ物や飲み物を噛んだり飲み込んだりする事に支障をきたしている状態を摂食嚥下障害といいます。食べ物を食べるまでの流れは、普段何気なく意識せず自然に行なっている動作ですが、食べ物をみて認知する、口腔内に取り込んで噛む(咀嚼)、飲み込む(嚥下)という一連の流れが必要となります。これらのいずれかに障害を持った人に対して、口腔ケアや咀嚼訓練、嚥下訓練、呼吸訓練などを行なっていきます。

高次脳機能障害へのリハビリテーション

怪我や病気により脳が損傷を受けた事によって、言語、記憶、思考、判断、注意力、学習などに支障をきたしてしまう病態を高次脳機能障害といいます。物忘れが激しくなった、2つ以上の課題をこなせない、スムーズに仕事をこなせない、怒りやすいといったような症状がみられ日常生活、社会生活に大きく支障をきたします。言語聴覚士(ST)は高次脳機能障害をもった患者さんに対し、検査・評価を実施して必要に応じて訓練・指導などコミュニケーションに問題がある方に専門的なサービスを提供します。

言語聴覚士(ST)の活躍する職場

言語聴覚士(ST)は人が生活する上で欠かす事の出来ない「話す」、「聞く」「食べる」事に対するリハビリテーションの専家であるため、活躍する職場は多岐に渡ります。 主な職場は「医療機関」「介護老人保健施設・福祉施設」「小児・教育機関」にわけられ、それぞれの施設・サービス形態によって仕事内容は大きく変わってきます。

医療機関

言語聴覚士が医療機関などの職場で働く場合、総合病院や大学病院、リハビリテーション病院などの医療機関にて、主に脳血管障害や頭部外傷の患者さんを対象にリハビリテーションをします。これらの職場では、主に医者や看護師、理学療法士らと連携を取りながら患者さんに携わります。 最近では耳鼻咽喉科や歯科、口腔外科といった職場でも活躍する言語聴覚士が増えており、これらの職場では主に摂食、嚥下訓練に関わります。

介護老人保健施設・福祉施設

通所型のデイサービスや入所型の特別養護老人ホームなどがあり、これらの職場では主に高齢者を対象とします。特に高齢により、嚥下機能が低下した人のリハビリテーションや失語症の人に対して、コミュニケーション能力の改善を図るためのリハビリテーションをする事が多いです。

小児・教育機関

言語聴覚士が仕事をする職場として小児、教育分野も挙げられます。主に小児科や児童相談所、養護学校、特別支援学級などでも言語や聴覚に障害がある子どもに対してもコミュニケーション能力を高めるリハビリテーションを行います。 特別支援学級や学校においては教員免許も必要となりますが、教員免許と言語聴覚士のふたつ資格を有した人も最近では増えてきています。子どもの場合は集中力が途切れやすく、じっとしていられない事も多いため、集中してリハビリテーションに取り組めるように、様々な訓練道具や遊びを通して訓練を行う必要があります。

高齢化社会を背景に言語聴覚士(ST)が活躍する職場は広がっている

言語聴覚士(ST)は理学療法士(PT)や作業療法士(OT)よりも歴史が浅く、医療機関や介護老人保健施設などさまざまな職場で言語聴覚士の人数が少ないのが現状です。今後高齢化が進むことや、医療技術の更なる発展などにより寿命が少しずつ延びることが予想されています。このような高齢化社会を背景に、人間にとって重要な「話す」「聞く」「食べる」といった人が生活する上で欠かすことができない基本能力のリハビリテーションの専門家である言語聴覚士の需要は今後ますます高まっていくと言えるでしょう。

介護職新着求人