介護老人保健施設での理学療法士(PT)の役割は?セラピストとしての仕事内容について解説

気になる気になる ログインログイン 会員登録会員登録

介護老人保健施設での理学療法士(PT)の役割は?セラピストとしての仕事内容について解説

理学療法士



理学療法士の働く場所は病院などの医療分野、施設などの介護分野、スポーツ分野など多岐に渡ります。その中でも今後高齢化が進むなかで介護分野での需要が高まっています。ここでは、その中における介護老人保健施設における理学療法士(PT)の役割や仕事内容について解説していきます。

介護老人保健施設とは?

介護老人保健施設とは要介護度1〜5の人を受け入れる公的な介護保険施設です。食事や入浴のサービスと併用してリハビリを提供し、利用者の自立を支援して在宅復帰を目標とします。
介護老人保健施設の対象は、急性期や回復期のリハビリを受けたけど退院後すぐに自宅復帰ができない人や医療ケア、リハビリを必要とする要介護1以上の人となります。つまり、病院と在宅を繋ぐ場所が介護老人保健施設となります。

介護老人保健施設では多くの職種の人が働いている

介護老人保健施設では医師や看護師、各セラピスト、管理栄養士、介護士など各職種の専門家が、1つのチームとなって自宅復帰を目指す高齢者の方にケアサービスを提供します。それぞれが連携する事で利用者の在宅復帰をサポートします。
介護老人保健施設の大きな特徴は、在宅復帰を主とするためリハビリに力を入れているという点です。そのため各セラピストが配置されています。それぞれ観点や専門が異なるため、セラピスト同士、連携を取りながらリハビリを進めていきます。

介護老人保健施設における理学療法士(PT)の仕事内容について

介護老人保健施設における理学療法士(PT)は、病院などの勤務と比べて、より対象者を詳細に把握する目が求められます。介護老人保健施設における理学療法士(PT)の仕事は「立つ」「歩く」「起き上がる」といった基本動作能力を改善するためのリハビリを提供する事が基本となります。そのため病院で行なっていたような関節可動域訓練や筋力訓練、歩行訓練、バランス訓練などを行います。

ただし、介護老人保健施設が病院の仕事と大きく違う点は、リハビリの対象となるのが要介護1以上で在宅復帰を目指す高齢者となる点です。施設の利用者は生活に何らかの介護が必要な人がほとんどとなります。その為、急性期、回復期のように劇的な回復が望める方ばかりではありません。また、病院でのリハビリ対象の患者さんと比べ自然治癒で改善する事もほとんど見込めないため、対象者の状態をしっかりと把握して的確なアプローチをする事が必須となります。その人個人をしっかり評価、リハビリする事がこれまで以上に求められ、より高い知識と技術が求められる環境となります。

また合併症や他の疾患を抱えている人も多いため、医師や看護師と連携して対象者の健康状態を含めた全体像を把握する事が求められます。

介護老人保健施設における理学療法士(PT)のリハビリ以外の仕事内容は?

介護老人保健施設における理学療法士(PT)の仕事内容はリハビリを提供するだけではなく、在宅復帰に向けて書類の作成やカンファレンス、住宅評価なども行います。いずれも理学療法士(PT)だけでなく、医師や看護師、他のセラピストと連携して1つのチームとして動いていきます。

書類の作成

リハビリ計画書や退所サマリーなど書類の作成業務を行います。作成にあたっては医師や看護師、他のセラピストと共同で行います。理学療法士(PT)は主に身体機能面についての記載が求められます。

住宅評価

在宅復帰する住宅に直接訪問して家屋調査を行います。実際に在宅復帰する場合、身体機能面的に問題がないかを評価し、必要があれば改修や補装具の設置などの提案を行います。

カンファレンス

医師や看護師、他のセラピスト、ケアマネジャー、家族とのカンファレンスを行い在宅復帰に向けての計画や現在の経過を報告し、対応策を考案します。

環境設定

要介護の人が対象であるため、身体機能面の改善だけでは困難な場合もあります。必要であれば杖や車椅子の導入や靴やベッドの形状変更など環境面からのアプローチも行います。その際他のセラピストとも意見交換をしながら環境設定を行います。

介護老人保健施設における理学療法士(PT)の役割

急性期や回復期では病気や怪我にかかってから身体面の回復にばかり目が向きやすかったり、受容できていなかったりで、心と身体と生活がバラバラになりやすい時期となります。

介護老人保健施設は、病院退院後から在宅復帰までを繋ぐ場所となります。そのため理学療法士(PT)に求められるのは、不安定な生活状態を安定させ在宅復帰を目指す事となります。

病院は患者さんをサポートする為の様々な設備が整っており、病院内では基本的に支障も少なく生活することができますが、退院後自宅に戻り生活する場合は病院ほどスムーズに支障なく生活することは望めません。もちろんリハビリも在宅で行っていく必要があります。対象者にはこのような環境の変化に対応して生活やリハビリをおこなっていく事が求められます。

そのため、理学療法士(PT)は対象者に対して在宅でも行えるリハビリメニューの提案や、生じてくる問題に対して、生活環境の中で解決できる方法を見出し支援していく事も大切な役割のひとつとなります。介護老人保健施設で理学療法士が働くうえでは、リハビリ対象者の生活により関わっていく事が重要となります。

介護老人保健施設での理学療法士(PT)の需要は高まっている

介護老人保健施設における理学療法士(PT)の仕事は病院では体験できない、より生活に密接に関わるのものとなります。今後も介護老人保健施設における理学療法士の需要は高まっていくと

介護職新着求人