保健師とはどんな仕事?仕事内容や職場について

気になる気になる ログインログイン 会員登録会員登録

保健師とはどんな仕事?仕事内容や職場について

保健師


地域の中で保健活動を行う保健師について以前紹介しましたが、今回は保健師の仕事内容やその職場について紹介していきます。実際にどのような働き方をしているのでしょうか?


保健師が働く場所による仕事内容の違い

保健師の仕事は乳幼児から高齢者までを対象にしており、その働く職場はさまざまです。

保健所、保健センター

保健師が働く職場としてまず多いのは、保健所や保健センターです。行政保健師とも呼ばれています。保健所は各都道府県や政令都市など地方自治体の管轄であり、広域的にサービスの提供を行うことが特徴です。また、保健センターは市町村が設置しており地域住民の具体的なニーズ合わせて業務を行っている為、地域住民の方とより身近に関わっているのが特徴です。

保健所で働く保健師は、感染症対策やエイズ・難病対策、精神保健対策、母子保健や老人保健などの分野で業務がわかれています。どこに配属となるかで、業務内容は大きく変わってきますが、保健所に配属される職種のうち圧倒的に多い職種は保健師となっています。

保健センターで働く保健師は、より地域住民に近いところで保健・福祉に関する相談や地域づくりを担っています。たとえば、地域住民の生活習慣病予防教室や乳児検診、子育て相談などです。 どちらの業務もデスクワーク中心となります。

学校

学校で働く保健師は、一般的に学校保健師と呼ばれており、一般的には学校の保健室に勤務して仕事を行います。一部私立の小学校・中学校・高校、専門学校や大学の保健室では保健師(または看護師)が常駐しています。公立の小学校・中学校・高校で働く場合は養護教諭の資格で働くケースが多く、保健師の場合は主に専門学校や大学の求人が多い傾向にあります。仕事内容としては、学校の生徒や職員の健康管理がメインとなり、体調を崩した方や怪我をした方の応急処置やメンタルケアなどがあります。

<学校保健師のとある一日>


8:00 出勤
8:15 朝の職員会議
8:30 保健室の準備、清掃
    校内巡視(安全面などに注意して見回ります)
午前中は保健室常駐
12:00 昼休憩
午後も保健室常駐
16:00 健康管理記録の記載(対応者の記録など)
17:00 退勤
合間の時間で健康カードのチェック、訪問者の対応、保健だよりの作成、授業の準備などを行います。

企業

企業内の医務室などで働く保健師は、産業保健師と呼ばれています。医務室に常駐し、企業に勤める労働者の健康管理や職場環境の調整が主な仕事です。学校保健と同様に、疾病予防や早期対応だけではなく、メンタルケアなどのかかわりも重要視され、義務化されているストレスチェックを行うこともあります。仕事内容は勤める企業によっての違いはありますが、大きな流れとしては学校の保健室と近い部分があります。

<産業保健師のとある一日>


9:00 出社、メールチェック
10:00 社員対応、健康チェック
午前中は医務室常駐
12:00 昼休憩
午後も医務室常駐
16:00 健康管理記録の記載(対応者の記録など)
17:00 退勤
合間の時間で社内巡視、健康診断の準備とやり取り、面談など

病院

病院やクリニックなどの医療現場で働く保健師もいます。病棟に配属される看護師と違う点は、保健師は地域医療連携室や退院支援部署などで活躍するケースが多く、看護師の仕事とは違い院外の関係機関との間で連携をとっていき対象者を支援していきます。
また、院内の疾病予防教室の開催や、院内感染の予防のために感染対策室と連携しているケースなどもあります。

保健師のやりがい

保健師の仕事は看護師とは違い、体調が悪く入院治療している患者さんと関わっていくのではなく、現在は特に治療を必要としていない人が対象である点が大きく違います。この予防の段階で介入を進めるためには、それぞれが健康への意識を持ち、日頃から食事や運動など気を付けていかなければなりませんが、なかなかうまくはいきません。そうした、介入の難しい分野であるからこそ、いかに自然に健康に目を向けられるかという工夫が必要であり、保健師としての腕の見せ所でもあるかと思います。

また、病院で看護師として働いていると、なかなか病院以外のことに目を向ける機会がなく、患者さんの生活にまで踏み込めない現状もあります。しかし、保健師であれば、地域での生活を含めた社会全体をみることができます。より、生活に近いところで関われるため、人と人との繋がりをより感じられるのではないでしょうか。

介護職新着求人