介護福祉士はどんな仕事?仕事内容や職場について

気になる気になる ログインログイン 会員登録会員登録

介護福祉士はどんな仕事?仕事内容や職場について

介護福祉士とは具体的にどんな仕事をするのでしょうか。実は、介護福祉士の仕事内容は職場の種類によって変わってきます。そこで、今回は介護福祉士の仕事内容を職場別に解説していきます。


介護福祉士の仕事内容は職場によって変わる

介護福祉士が活躍する職場には、病院や施設などの入所系と、自宅で生活している高齢者や障害を持つ人が利用する在宅サービスの2種類があります。 入所系の場合、24時間体制となるので、日勤帯の勤務のほかに早出や遅出、夜勤といった交代勤務となります。病院の場合には、病棟によっては看護師などの医療職の補助的役割になることも多いでしょう。一方、施設では介護職が主体となって仕事を担うことが多く、季節に合った行事の主催などその仕事内容は多岐にわたります。 在宅サービスの場合には、自宅を訪問して行う訪問系と、介護を必要とする人に通ってもらいサービスを提供する通所系にわかれています。訪問系は日中の勤務が主ですが、夜間対応型の場合には夜に訪問することも。一方、通所系では基本的に夜勤はなく、職場によっては日曜日や祝日が休みの場合もあります。

入所系は24時間体制のため交代勤務となる

前述したように、入所系には病院と施設の2種類があります。病院と施設それぞれの仕事内容についてみていきましょう。

病院は療養系なら介護福祉士として仕事にやりがいを感じやすい

介護福祉士が病院に勤務する場合には、一般病院に看護補助者として入る場合と、療養病床を持つ病院で介護職として働く場合があります。どちらの場合も、おむつ交換や入浴介助、食事介助など、身の回りのお世話を行います。総合病院といった大きな病院の場合には、リハビリや外来受診の付き添いなどの業務を担うこともあるでしょう。 療養病床を持つ病院には、医療保険に対応している医療療養病床と、介護保険の施設のひとつである介護療養病床の2種類があります。ひとつの病院の中に両方を兼ね備えている場合が多いでしょう。医療療養病床では、介護福祉士は法律上「看護補助者」としての役割となります。しかし、看護師とともに担当患者さんを持つケースも多く、一般病棟に比べれば患者さんとの関わりも増えてくるでしょう。 一方、介護療養型病床はこれまでは介護療養型医療施設と呼ばれていた施設で、介護保険に位置付けられている施設のひとつです。平成30年度からは順次介護医療院などに転換されています。介護医療院では、容体が変わるリスクの高い人を受け入れており、生活全般において介護を必要とする人が多く、介護福祉士のやりがいを感じやすい職場です。担当患者さんを受け持つことから、じっくりと関わることもできるでしょう。

施設は種類によって仕事内容もさまざま

入所系でも施設の場合は、種類によって大きく仕事内容が変わります。 介護保険施設では、介護を必要とする人が多く入居しているため、移動や食事、入浴などの生活全般において他の専門職と協力しながらケアを行っています。 一方、サービス付き高齢者向け住宅のように、自分の身の回りのことは自分で行うことが前提で入居している施設では、直接体に触れて行う介護は少なく、所在確認や生活相談が主な仕事となります。 どんな種類の施設でも、レクリエーションや季節の行事が盛んにおこなわれるため、企画や運営を行うのも介護福祉士の仕事のひとつといえるでしょう。

訪問介護では介護福祉士は「サービス提供責任者」になれる

在宅系の職場には、自宅に訪問して介護サービスを提供する「訪問介護」と、介護を必要とする人に通ってきてもらう「通所サービス」の2種類があります。通所サービスでは、他の職場と違い「利用者の送迎」という仕事があるものの、身の回りの介護やレクリエーションなどの企画・運営などは入所系施設と同じ仕事内容となります。 一方、訪問介護では、ホームヘルパーとして自宅に訪問し仕事を行うほかに、サービス提供責任者としての仕事を行うこともできます。訪問介護の職場での介護福祉士の仕事を見ていきましょう。

ホームヘルパーの仕事内容は3つある

ホームヘルパーの仕事には、「身体介護」と「生活援助」、「通院時の乗車・降車等の介助」の3つがあります。 身体介護では、排泄や食事、入浴といった実際に体に触れて行う介護が主な仕事となります。生活援助では、掃除や料理、買い物の代行などの生活の送るうえで必要なことをサポートします。通院時の乗車・降車等の介助では、通院などの送迎と乗車や降車の介助のほかに、移動の介助も行います。 なお、訪問介護はあくまで介護を必要とする本人のためのサービスであるため、家族の食事の準備や本人以外の部屋の掃除などは行いません。

「サービス提供責任者」は訪問介護の責任者としての仕事を行う

介護福祉士は、訪問介護サービスの責任者である「サービス提供責任者」になることができます。サービス提供責任者は、訪問介護計画書を作成して関係者と連携を取りながらサービスの提供を行います。また、ホームヘルパーを取りまとめて指導や管理することも大切な仕事のひとつです。事業所によっては、管理者を兼ねる場合もあり、非常に責任ある仕事を行うことができます。

介護福祉士の仕事内容を知って自分に合う職場を見つけよう

介護福祉士の仕事は、どのような職場で働くかによって変わってきます。まずは、自分がどのような仕事がしたいのか、介護を必要とする人とどのような関わりを持ちたいのかをはっきりさせることが大切です。そうすれば、自分に合う職場を見つけることができ、介護福祉士としてのキャリアと積むことができるでしょう。

介護職新着求人