小規模多機能型居宅介護とは?サービス内容と介護士の役割や仕事内容について

気になる気になる ログインログイン 会員登録会員登録

小規模多機能型居宅介護とは?サービス内容と介護士の役割や仕事内容について

小規模多機能型居宅介護

小規模多機能型居宅介護とは、複数のサービスを1つの事業所で一体的に利用できるサービスです。泊りのサービスもあることから、生活拠点を小規模多機能型居宅介護に置いている人もいます。ここでは、小規模多機能型居宅介護のサービス内容や介護士の役割と仕事内容を解説します。


小規模多機能型居宅介護とは

小規模多機能型居宅介護とは、通所介護と訪問介護、ショートステイなどのサービスを1つの介護事業者が一体的に提供する介護サービスです。地域密着型サービスのひとつで、平成18年4月の介護保険法改正によって誕生しました。すべてのサービスをなじみのスタッフと過ごすことができるため、スタッフとの信頼関係を築きやすく普段の状態を理解してもらいやすく、特に認知症の人には安心して過ごせる環境となります。 小規模多機能型居宅介護では、事業所の登録人数や通所介護、ショートステイの1日当たりの利用人数の上限が以下のように決められています。


・1事業所の登録人数は29人まで

・通所介護の1日当たりの利用人数は18名まで

・ショートステイは1日当たり9名まで


人数の上限を超えなければ、利用時間や利用回数の制限はありません。また、利用料も月額定額制となっているため、利用者の状態に応じて柔軟にサービスを定額で受けることができます。


ただし、これまで利用していたケアマネジャーが小規模多機能型居宅介護のケアマネジャーではないときには、ケアマネジャーを変更しなくてはなりません。さらに、それまで利用していた居宅介護支援や訪問介護、訪問入浴介護と、通所介護及び通所リハビリ、そしてショートステイの6種類のサービスは、併用不可となっています。


小規模多機能居宅介護のサービス内容

小規模多機能介護で提供されるサービスは大きく分けて3つあります。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

通いのサービス

通いのサービスでは、通常のデイサービスと同様に介護サービスや食事の提供、レクリエーションそして機能訓練などのサービスを受けることができます。少人数ですので、一人ひとりの能力や嗜好に合わせることが可能です。また、短時間の利用やランダムな曜日での利用ができるなど、利用時間や利用回数にも柔軟な対応がされています。

訪問のサービス

小規模多機能型居宅介護の訪問サービスでは、通所サービスと同様に利用の回数や時間、内容について柔軟な対応をしてもらうことができます。そのため、利用者一人ひとりがその時必要なサービスを必要なだけ利用することが可能です。提供されるサービスは、通常の訪問介護と同じく入浴や排泄などの身体介護と、掃除や洗濯などの生活支援となっています。

泊りのサービス

小規模多機能型居宅介護では、施設内に泊まって介護サービスを受けることもできます。規定されている人数を超えていなければ、必要時にいつでも泊まることが可能です。家族のリフレッシュ目的での利用だけでなく、緊急時利用にも対応してくれます。


小規模多機能型居宅介護での介護士の役割と仕事内容

小規模多機能型居宅介護では、介護士はどのような仕事をしていて、どんな役割を担っているのでしょうか。介護士の仕事内容と役割について詳しく見ていきましょう。

健康管理

通いサービスや泊りサービスでは、体温や血圧の測定などのバイタル測定を行います。普段と違う様子の時には、看護師と相談して異常の早期発見に努めます。

身体介護

介護士にとって、食事や入浴、排泄など直接体に触れて行う身体介護はとても重要な仕事のひとつです。介護士は、利用者一人ひとりの心身状態を見極めながら必要な支援を行います。

生活支援

訪問のサービスや泊りのサービスでは、掃除や洗濯などの生活支援も介護士の仕事です。介護士は、利用者のできる能力を生かしながら日常生活に必要なサービスを提供します。

レクリエーション

通いのサービスや泊りのサービスでは、レクリエーションも行われます。介護士はレクリエーションの企画から実施までを担当します。手芸や園芸、体操などの他、家庭的な雰囲気を持つ施設ではおやつ作りなどが行われることもあります。少人数だからこそできるレクリエーションの企画ができるのも、小規模多機能型居宅介護ならではと言えるでしょう。

介護職新着求人