居宅介護支援事業所とは?サービス内容とケアマネジャーの役割や仕事内容とは

気になる気になる ログインログイン 会員登録会員登録

居宅介護支援事業所とは?サービス内容とケアマネジャーの役割や仕事内容とは

居宅介護支援事業所 ケアマネジャー


居宅介護支援事業所とは、ケアマネジャーが在籍している事業所のことをいいます。居宅介護支援事業所では、どのようなサービスが提供されているのでしょうか。また、ケアマネジャーはどんな仕事をしているかわからない人も多いでしょう。そこで、今回は居宅介護支援事業所のサービス内容とケアマネジャーの役割や仕事内容について解説します。


居宅介護支援事業所とは

居宅介護支援事業所とは、自宅で生活する高齢者が介護に関する相談や支援を受けるための施設です。居宅介護支援事業所にはケアマネジャーが在籍しており、介護が必要な高齢者が適切な介護サービスを利用できるように支援しています。具体的には、要介護認定の申請や、利用者や家族の心身状態や希望に沿ったケアプランの作成などを行っています。対象となるのは要介護1以上の認定を受けた自宅で暮らす高齢者です。介護保険上では自宅とみなされる有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅などで暮らす高齢者も対象となります。要支援1・2の人は地域包括支援センターで同様のサービスを受けることができます。


なお、ケアプランの相談や作成にかかる費用は、介護保険の適用を受けるため利用者の自己負担はありません。


居宅介護支援事業所のサービス内容とケアマネジャーの仕事内容

居宅介護支援事業所で提供されるサービスには、次の4つがあります。それぞれのサービスについて詳しく見ていきましょう。

介護に関する相談

居宅介護支援事業所では、介護保険制度の内容や利用方法などに関する相談を受け付けています。実際に来所して相談することもできますし、電話での相談も受け付けています。ケアマネジャーは相談に応じて適切なアドバイスや支援を行います。

要介護認定の申請や更新手続きの代行

介護保険サービスを受けるために必要な要介護認定の申請は、基本的に本人や家族が行います。しかし、本人の心身状態や家族が遠方に住んでいるなどの理由で申請が難しい場合には、居宅介護支援事業所のケアマネジャーが代行申請をすることができます。要介護認定には費用は必要ありません。

ケアプランの作成

居宅介護支援事業所の大きな仕事のひとつが、ケアプランの作成です。ケアマネジャーは利用者の心身状態や生活環境などからその人の課題を見つけて分析し、本人の希望を含めながら一緒に必要な介護サービスを決めていきます。ケアプランの原案ができたら、サービス担当者会議を開催して調整を行い、本人や家族の同意を得て正式なケアプランの完成となります。このケアプランに基づいて介護サービスの利用が開始されます。

介護サービス事業者や関係機関との連絡・調整

居宅介護支援事業所では、介護サービス事業所や関係機関との連絡や調整も行います。ケアプランに基づいたサービスが適切に行われているかどうかの確認や、事業所との調整も居宅介護支援事業所の仕事のひとつです。介護サービスに関する要望や相談、苦情の受付も行っています。これらの全ての仕事を居宅介護支援事業所に在籍するケアマネジャーが実施しています。


居宅介護支援事業所におけるケアマネジャーの役割

居宅介護支援事業所のケアマネジャーには、利用者が望む限り在宅での生活を維持できるよう、主に次の3つの役割が求められます。

自己決定の尊重

ケアマネジャーは、利用者個人を尊重した個別のサービスのうち選択可能なものを複数提案し、利用者が自分でサービスを選ぶことができるように支援します。サービスの継続や変更、中止の場合も同様です。自己決定能力によっては、家族などの後見人が決定する場合もあります。

残存能力の活用

利用者に残っている能力を最大限に生かし、自立援助・促進するための支援を行うのも居宅介護支援事業所のケアマネジャーに求められる役割のひとつです。ケアマネジャーは、利用者一人ひとりのニーズを客観的に把握して分析し、必要な介護サービスを本人や家族と一緒に検討します。

生活の継続性の尊重

居宅介護支援事業所を利用する高齢者は、在宅での生活を継続したいと思う人が多いでしょう。ケアマネジャーは、利用者に心身の障害があっても自分らしい生活を継続していけるよう、介護サービスだけでなく福祉や医療サービスと連携し利用者の生活を支えます。そのためには、利用しているサービスが適切に行われているかどうかを定期的に評価し、必要に応じて見直すなどの支援を行います。

介護職新着求人