住宅型有料老人ホームとは?サービス内容や介護士の役割と仕事内容について

気になる気になる ログインログイン 会員登録会員登録

住宅型有料老人ホームとは?サービス内容や介護士の役割と仕事内容について

住宅型有料老人ホーム 介護士


自立度の高い高齢者の住まいのひとつに「住宅型有料老人ホーム」があります。住宅型有料老人ホームではどのようなサービスが提供され、介護士はどんな仕事をしているのでしょうか。類似性のある他の施設との違いも含めて、詳しくみていきましょう。


住宅型有料老人ホームとは

住宅型有料老人ホームとは、生活支援サービスが付いた有料老人ホームのことです。比較的健康な人を対象としており、介護が必要となった時には外部の事業者と契約してサービスを利用することができます。


住宅型有料老人ホームと似た施設には、サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)があります。住宅型有料老人ホームでは、サ高住と違い食事や入浴の時間はある程度決められており、外出にも制限があります。しかし、介護施設として必要な設備やスタッフ体制が整っているため、介護度が重くなっても住み続けることが可能です。介護士によるレクリエーションなどが行われることも多く、他の利用者との交流も盛んといえるでしょう。


住宅型有料老人ホームのサービス内容と介護士の仕事内容

住宅型有料老人ホームでは、「身体介護」「食事の提供」「生活支援」「健康管理」のうち1つ以上のサービスを提供しています。また、多くの施設ではレクリエーションや季節行事も実施されています。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

身体介護

住宅型有料老人ホームでは、身体介護は施設に併設する居宅介護支援事業所から派遣する形をとっていることころが多いでしょう。入居者は介護保険に基づいて個別に契約して、介護士による訪問介護サービスを受けることができます。

食事の提供

住宅型有料老人ホームでは、栄養士の管理のもとで食事の提供が行われています。一般的な食事だけでなく、ソフト食や刻み食などの介護食や治療食にも対応しています。また、季節に応じた食事や行事食なども提供しており、飽きがこないような工夫がされています。

生活支援

掃除や洗濯、買い物の代行などの生活支援サービスも住宅型有料老人ホームで提供されているサービスのひとつです。居室に洗濯スペースや浴槽が設備されている場合には、入居者ができる部分はやってもらいながら介護士はできない部分を手伝うなどの支援を行います。

健康管理

住宅型有料老人ホームでは、協力医療機関を定めているため医師による訪問診療を受けることができます。定期的な健康診断を実施している施設も多いでしょう。 ただし、看護師については配置基準が定められていないため、施設によって医療体制にばらつきが見られます。24時間体制で看護師が常駐している施設では、看護師による健康管理を受けることもできます。看護師が常駐していない施設では、訪問看護による医療管理を受けることが可能です。


介護士による健康管理は施設によってばらつきがあるものの、日々の健康管理や服薬管理を行う場合が多いでしょう。

レクリエーションや季節行事

日々のレクリエーションや季節に応じた行事は、ほとんどの住居型有料老人ホームで提供されています。介護士は、レクリエーションや季節行事の企画から実施までを行います。施設によっては、自立度の高い入居者と一緒になって企画を考えるところもあります。


住宅型有料老人ホームでの介護士の役割

住宅型有料老人ホームでは、比較的健康な人が多く入居しています。そのため、介護士に求められる役割は身体介護のような直接介護よりは、入居者が現在の心身状態を維持し自分らしい暮らしを支えるための間接的な支援となります。具体的には、入居者との関係をしっかりと築きながら、日々の生活の相談に乗ったり一緒にレクリエーションや趣味活動を楽しむなど、入居者の精神面を支える役割を担っていると考えてよいでしょう。

介護職新着求人