サービス付き高齢者向け住宅とは?サ高住のサービス内容と介護士の仕事内容や役割について

気になる気になる ログインログイン 会員登録会員登録

サービス付き高齢者向け住宅とは?サ高住のサービス内容と介護士の仕事内容や役割について

サービス付き高齢者向け住宅 介護士


サ高住とは、高齢者向けの入所施設で正式名称をサービス付き高齢者向け施設といいます。自由度の高い施設で人気が高く、その数は年々増えてきています。しかし、どのようなサービスが提供されているのかよくわからない人も多いでしょう。そこで、ここではサ高住のサービス内容や介護士の仕事内容、役割について解説します。


サービス付き高齢者向け住宅とは

サービス付き高齢者向け住宅とは、バリアフリーに対応した高齢者向けの賃貸住宅です。一般的には「サ高住」と呼ばれています。「高齢者住まい法」という法律に基づいて設置されている施設で、他の介護施設と違い厚生労働省と国土交通省が共同で管轄しています。


サ高住は建物の構造に細かい規定がされている反面、提供される介護サービスは「日中の安否確認」と「生活相談」の2点に絞られており、自由度の高い生活を送ることができます。


サ高住として登録されるために必要な建物の規模と設備の基準は以下の通りです。


・各居室の床面積は原則25㎡以上

ただし、リビングルームや食堂などの共有スペースが共同利用するうえで十分な広さがある場合は18㎡以上で可


・各居室に水洗トイレ、台所、浴室、洗面設備、収納設備を備えている

共有スペースに設置された共同の水洗トイレや台所、浴室などが各居室に備えた場合と同等もしくはそれ以上の居住環境となっていれば、各居室に設置しなくてもよい


・館内全てがバリアフリー


サービス付き高齢者向け住宅のサービス内容と介護士の仕事内容

サ高住には、介護の必要がない元気な高齢者を対象とした「一般型」と、各自治体から介護保険の特定入居者生活介護の認定を受けた「介護型」の2種類があります。それぞれの施設におけるサービス内容と介護士の仕事内容について詳しく見ていきましょう。

一般型

一般型のサ高住では、生活相談員による安否確認と生活相談のサービスを受けることができます。それぞれのサービス内容は以下の通りです。


・安否確認サービス

介護士や看護師などの資格を持つ生活相談員が定期的に居室を訪問、または居室に設置したセンサーなどにより見守りを行うサービスです。施設によってどちらか片方の場合もあれば、両方とも行っているところもあります。夜間は生活相談員が常駐していないものの、緊急警報システムを設置し緊急事態に備えています。


・生活相談サービス

日々のちょっとした困りごとなど、生活全般のサポートを行うサービスです。高いところの電球がうまく変えられない、荷物を送りたいから運ぶのを手伝ってほしいなどの生活に密着したものから、病気やけがなどの対応を生活相談員が行います。


施設によっては広い共有スペースを確保しているところもあり、レクリエーションやサークル活動が盛んにおこなわれている施設もあります。介護士などの生活相談員は活動が円滑に行えるような支援を行います。


一般型サ高住の場合、掃除や洗濯などの生活支援サービスや、排泄や入浴などの介護サービス、リハビリテーションなどは提供されません。これらのサービスを利用したいときには、個別に外部の事業所と契約する必要があります。

介護型

介護型サ高住の場合、一般型と違って自由度は低く外出の機会は少ないものの、安否確認と生活相談のほかに、介護士による24時間体制のサービスを受けることができます。介護士は、入居者一人ひとりのケアプランに基づき、排泄や入浴、食事の介助などの介護サービスを提供します。居室の掃除などの生活支援サービスも施設の介護士から受けることが可能です。一般型と違い、日々のレクリエーションを実施する施設も多く、レクリエーションの企画から実施まで介護士が担当しています。認知症や看取りに対応している施設も増えてきており、介護者は入居者の生活全般を支援しています。


サ高住のおける介護士の役割とは

一般型サ高住の場合、通常の賃貸住宅のようなところや、共有のレクリエーションスペースを設けているところなど、施設によって形態は実にさまざまです。そのため、介護士に求められる役割にも、見守りのみのところもあれば日々の暮らしを充実したものにするための支援など、非常に幅があります。 一方、介護型サ高住では、介護士は入居者の生活全般を支援します。介護型サ高住の介護士には、入居者の介護度が重くなった場合や、認知症状が進んできても自分らしい生活を送るためのサポートを行う役割が求められます。

介護職新着求人