介護老人保健施設(老健)とは?サービスや仕事内容と介護士の役割

気になる気になる ログインログイン 会員登録会員登録

介護老人保健施設(老健)とは?サービスや仕事内容と介護士の役割

介護老人保健施設 介護士


高齢者が入居できる施設には、介護保険施設と民間施設があります。今回は介護保険施設である介護老人保健施設の概要とサービス、介護士の仕事内容や役割について詳しく解説します。


介護老人保健施設とは

介護老人保健施設とは、入院治療をする必要はないものの、リハビリテーションや看護・介護が引き続き必要となる人が入所し、在宅復帰を目指す施設です。介護保険施設のひとつであるため、有料老人ホームなどに比べて安い費用で入居することができます。入居対象となるのは、要介護1~5以上で症状が安定しており入院治療の必要がない高齢者です。


介護老人保健施設では、在宅復帰を目指すためのリハビリテーションが行われます。そのため、医師やリハビリ専門職が常駐しており、医師の指示のもと一人ひとりの心身の状態や在宅環境に合わせたリハビリテーションを受けることができます。


介護老人保健施設は、特別養護老人ホームと違い病院と在宅の中間施設という位置づけであるため、入所できる期間が原則3か月と決められています。しかし、実際には様々な事情で長期間入居している人もいます。中には、特別養護老人ホームの順番待ちで入居している場合もあります。


介護老人保健施設は従来型とユニット型の2種類で、それぞれに個室と多床室があります。入居費用は施設や部屋の種類、本人の介護度によって変わります。最も費用が安くなるのは、従来型多床室で要介護1の場合となっています。低収入の場合には軽減措置もあるため、経済面で不安を抱えている人でも入居しやすいでしょう。


介護老人保健施設のサービスと介護士の仕事内容

介護老人保健施設では、介護士は在宅復帰に向けた日常生活を支援する役割を担っています。介護老人保健施設が提供するサービスと介護士の仕事内容について、詳しく見ていきましょう。


リハビリテーション

介護老人保健施設の最大の特徴は、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士といったリハビリ専門職からリハビリテーションを受けることができることです。介護老人保健施設では、施設のケアマネジャーが在宅復帰に向けたケアプランを作成します。リハビリ専門職はそのケアプランをもとに、入居者の心身状況を把握したうえでリハビリ計画を作り一人ひとりに合わせたリハビリテーションを実施します。


しかし、在宅復帰を目指すためには、リハビリ室だけでなく日常生活上でのリハビリテーションも必要となります。介護老人保健施設に在籍する介護士は、リハビリ専門職から指導やアドバイスを受けながら日常生活上でのリハビリテーションを支援する役割を担っています。具体的には、入浴時に手の届く範囲は自分で洗ってもらったり、食事の際に自分で食べやすくするための食卓や配膳の工夫などを入居者と行ったりします。

医療ケア

介護老人保健施設では、医師の常駐や看護師の配置数が介護保険法で決められています。そのため、医療度の高い高齢者も入居することができます。インスリン注射や導尿などについては看護師などの医療職が担当します。介護職は、日常的なバイタル測定や内服の介助、軟膏の塗布などの医療ケアを行います。入浴時の皮膚観察なども介護士の大切な仕事のひとつです。

日常生活上の介護

食事や入浴の介助、おむつ交換やトイレ誘導などの排泄の介助など、日常生活上必要な介護については、主に介護士が担当します。寝たきりの人が褥瘡や床ずれするのを防ぐため体位変換や、車いすへの移乗、移動の介助など、生活に関わる必要な支援を行います。介護士は、入居者が在宅復帰したときに適切な生活が送れるよう、自立支援を念頭に置いた介護を日々実践しています。

レクリエーション・季節行事

介護老人保健施設では、他の入居施設と同様にレクリエーションや季節行事などが行われています。レクリエーションでは、ゲームやカラオケ、手芸、運動、頭の体操などを行いながら、心身機能の維持や向上をめざし日々の生活にハリが持てるような工夫をしています。このレクリエーションの企画・実施を担当するのが介護士です。介護士は、曜日や月ごとにレクリエーションを企画・実施し、季節ならではの物を取り入れるなどして、入居者が飽きないようなレクリエーションを考えています。


また、季節に合わせた行事の開催も介護士を中心として行われています。介護老人保健施設に入所している人は、施設の特性上外出の機会は決して多くありません。そのため、季節行事を開催することにより、ボランティアや近隣の子どもたちが訪問する形で社会との交流を図ることもできます。

介護職新着求人