ケアハウス(軽費老人ホーム)とは?サービス内容と介護士の役割や仕事内容について

気になる気になる ログインログイン 会員登録会員登録

ケアハウス(軽費老人ホーム)とは?サービス内容と介護士の役割や仕事内容について

ケアハウス(軽費老人ホーム) 介護士

ケアハウスとは、身寄りがない人や家族と暮らすことが難しい人のための入所施設です。公的補助があるため、他に比べて利用料を抑えることができ入居待ちがでるほど人気があります。ここでは、ケアハウスのサービス内容や介護士の仕事内容と役割について解説します。


ケアハウス(軽費老人ホーム)とは

ケアハウスとは、さまざまな事情により自宅で暮らすことが難しい高齢者が無料や低額で入所できる施設です。身寄りがいない人や家庭環境や経済状況から家族との同居が難しい人が多く入所しています。ケアハウスの居室は基本的に個室であるため、プライバシーを守ることができます。ケアハウスには、次の2種類があります。

一般型

身の回りのことができる自立向けのケアハウスを「一般型」と言います。一般型の場合、ケアハウスは介護保険では自宅と同じ扱いであるため、デイサービスや訪問介護など居宅介護サービスを個別に契約して利用することができます。

介護型(特定施設)

要介護者を対象としたケアハウスを介護型、もしくは特定施設といいます。介護型は介護保険の「特定施設入居者生活介護」の指定を受けており、要介護1以上の認定を受けている人が対象となります。介護型では、入浴や排泄、食事など日常生活で必要な支援を介護士から受けることができます。認知症や看取りに対応している施設もあるため、介護度が上がった場合にも安心して住み続けることが可能です。

ケアハウスのサービス内容と介護士の仕事内容

ケアハウスでは日常生活を支えるためのサービスを受けることができます。詳しいサービス内容と介護士の仕事内容についてみていきましょう。

食事の提供

ケアハウスでは、毎日の食事が提供されます。健康に留意したバランスの良い食事が提供されることが多く、季節に合わせた食事が提供されることもあります。介護士は、食事の時間を事前に入居者に伝え、配膳や下膳などを行います。

健康管理

ケアハウスの多くは協力医療機関を決めており、入居者が健康を維持して生活できるような支援を行っています。居室には、内線電話や緊急通報装置などを設置しているところも多く、緊急時には迅速に対応できるようになっています。


介護型では24時間体制で入居者の支援を行うため、介護士が夜常駐して緊急事態に備えています。また、看護師の指示のもと介護士が日々の体温測定や血圧測定などのバイタル測定を行うこともあります。

生活支援サービス

ケアハウスでは、洗濯や掃除などの日常生活を支えるサービスも提供しています。看護師が通院の付き添いを行う施設もあります。一般型の場合には、外部の事業所と契約して生活支援サービスを受けることができます。介護型では、常駐する介護士が利用者とともに洗濯や掃除などを行い、日々の生活を支えています。

介護サービス

介護型ケアハウスでは、介護士から入浴や排泄、食事の介助などのサービスを受けることができます。介護度の低いうちは見守りなどが主ですが、介護度が高くなった場合や、認知症状が悪化してくると、介護士による介助量も増えてきます。認知症や看取りに対応している施設もあります。


一方、自立型ケアハウスでは介護サービスは提供されないため、必要なときには外部の事業者と個別に契約しなくてはなりません。

定例行事

ケアハウスの中には、定例行事やレクリエーションを行っている施設もあります。近隣の商業施設へ買い物に行く買い物ツアーや健康増進のためのラジオ体操、毎月の誕生日会などを開催することで、日々の生活を豊かにし、他の入居者と交流が図れる機会を提供します。


介護士は、入居者の気分転換が図れるような行事を企画し、心身機能が維持できるようなレクリエーションを実施します。施設によっては、近隣住民との交流も兼ねた夏祭りなどが開催されることもあります。


ケアハウスにおける介護士の役割

一般型ケアハウスの場合、介護士が直接介護に携わることは少なく、生活相談や緊急時の対応などが主な仕事となります。そのため、一般型ケアハウスの介護士には、入居者が介護状態になるのを予防するための自立支援をサポートする役割が求められています。ケアハウスの入居者には家族関係が希薄な人も多いため、普段から交流を図り信頼関係を築くように努めましょう。


介護型ケアハウスでは、介護士が生活全般の支援を行います。介護度によっては身体介護に携わることもあります。また、認知症や看取りに対応する施設もあるため、一般型に比べて要求される知識や技術は高くなるでしょう。

介護職新着求人