診療所での看護師の役割とは何?職場や仕事内容について

気になる気になる ログインログイン 会員登録会員登録

診療所での看護師の役割とは何?職場や仕事内容について

診療所で働く看護師にはどのような役割があるのでしょうか。看護師は病院で働くイメージが強いかもしれませんが、診療所で働く看護師にも大事な役割があります。今回は診療所での仕事内容や看護師の役割について紹介していきます。


診療所 看護師


病院と診療所の違いと診療所の種類

病院と診療所の大きな違いは、患者さんを入院させる施設であるか、入院施設を持たないもの、またはベッド数が19床以下の入院施設を有するものとされています。外来患者さんの診察・治療が主な役割です。診療所には民営と公営、病院に併設されているものなどもあります。


駅周辺や街中でよく目にする「○○クリニック」「○○医院」「○○内科」などは診療所に当てはまります。診療所では「病院」という名称は使えない決まりがありますが、「クリニック」「医院」などの医療機関の分類を掲げることに関しては特に決まりはありません。一目みてこの診療所は何を専門にみてくれているのかわかりやすいように、診療科の名前や院長の名前が入ったものが多いと思います。


最近では、病院から在宅への流れがあり、訪問診療を行っている診療所なども増えてきています。


診療所での看護師の役割

診療所は主に通院する患者さんの診察や治療が主な役割になります。そのなかで看護師は、病気の初期治療や安定期の治療、在宅患者さんの治療を担当する医師のサポートを行い、患者さんが健康的な生活が送れるように看護します。病院に比べると、患者さんの症状は落ち着いているため、医療的な処置は少なくなりますが、診療所から病院へ、病院から診療所への引継ぎがスムーズにいくように調整するお手伝いをすることもあります。


また、昨今では大病院への受診が集中してしまい緊急や重症の患者さん受け入れに影響が出てしまうことも問題とされています。そのため、大病院への受診を分散させる為に、近所の診療所がかかりつけ医として役割を果たすことが求められています。診療所がかかりつけ医として機能できるように、医療スタッフの一員として看護師に求められる役割は大きいと言えます。


診療科によって仕事内容の違い

診療所における看護師の仕事は、受診される患者さんの診察介助、検査や治療処置、患者指導などが主な仕事内容となります。しかし、診療科によって、仕事内容には大きな違いがあるため、ここでは診療科ごとの特徴についてくわしくみていきましょう。


外科系

外科系の診療科では、簡単な手術介助から医療処置までさまざまな種類の仕事があります。看護師として働く場合にも、基本的な看護技術があり、同じ診療科の勤務経験がある人が優遇されやすいでしょう。

内科系

外科のような手術や処置はありませんが、採血や採尿、内視鏡などのさまざまな種類の検査があります。生活習慣病の患者さんには生活指導として食事や運動について説明する機会も多いでしょう。

小児科

小児科では、ひとつひとつの診察であっても、看護師の介助が必要な場面が多いです。医者や看護師に対して、泣いて暴れる子どもが大半なので、子どもの興味を惹きつけながら、スムーズに処置や検査を行う必要があります。また受診に来た子供の家族に対してフォローするのも小児科ならではの看護師に求められる重要な仕事です。

美容系・皮膚科など

一般のクリニックなどとは違い、自由診療領域での仕事は、患者さんとして治療するというより、お客様として接するサービス業の色が濃くなってきます。いままで病院で働いていたときよりも接遇面など厳しくなることが予想されます。また、特殊な美容機器を使うことが多く、扱うための知識や資格取得など勉強が必要になります。

メンズ・ウィメンズ系

男性・女性専用のクリニックのことで、男性の場合には泌尿器科や薄毛治療などが多く、女性の場合には婦人科疾患や不妊治療などで通院される方が多いです。一般の総合病院ではない特化した診療科なども多く、それぞれのクリニックで診療内容が違ってきます。こちらも美容系などと同じように保険診療より自由診療の割合の方が大きい場合が多くあります。


診療所により看護師の仕事内容は大きく異なる

以上のように診療科ごとの特徴を述べました。小児科と皮膚科、内科と一部外科がセットになっているクリニックも実際にあります。クリニックの数は病院の数よりも多いため、それぞれの診療所によって仕事内容が変わってきます。実際に就職する際には診療所により看護師に求められる役割は多きく異なるため、ミスマッチを防ぐ意味でも見学や仕事の流れを体験できるように相談することが大切です。

介護職新着求人