デイケア(通所リハビリテーション)での理学療法士(PT)の役割は?職場や仕事内容について

気になる気になる ログインログイン 会員登録会員登録

デイケア(通所リハビリテーション)での理学療法士(PT)の役割は?職場や仕事内容について

リハビリのセラピストが活躍する職場の一つとしてデイケア(通所リハビリテーション)があります。今回はデイケア(通所リハビリテーション)における理学療法士(PT)の役割や仕事内容について解説していきます。


デイケア通所リハビリテーション 理学療法士

デイケア(通所リハビリテーション)とは

デイケア(通所リハビリテーション)とは、自宅で生活を送っている身体に障害がある人が、自立した生活が送れるように身体機能の維持や回復などを支援する公的な介護サービスです。対象となるのは要支援、要介護認定を受けた人で医師からリハビリが必要だと判断をされた人となります。


訪問リハビリテーションとは違い、デイケア(通所リハビリテーション)は、自力もしくは家族の送迎によって施設まで通える事が条件となります。デイケア(通所リハビリテーション)には理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)の各セラピストが配置され、個別に専門的なリハビリを行います。


またデイケア(訪問リハビリテーション)ではリハビリを受けるだけではなく、家族の負担軽減を目的に入浴介助や食事介助なども行っています。


デイケア(通所リハビリテーション)における理学療法士(PT)の仕事内容

デイケア(通所リハビリテーション)における理学療法士(PT)の主な仕事内容は、利用者の身体機能を向上し、基本動作能力の改善を目指すリハビリを提供する事です。デイケア(通所リハビリテーション)の利用者は、比較的介護度が低く、自分である程度基本動作が行える人が多い傾向にあります。そのため、利用者が今行えている「歩く」「起き上がる」といった基本動作の改善、維持を目的にアプローチしていきます。またデイケア(通所リハビリテーション)の利用者の多くは高齢者であるため、年齢や体力を考慮したリハビリメニューを考案していく必要があります。


デイケア(通所リハビリテーション)でのリハビリ以外仕事

デイケア(通所リハビリテーション)での理学療法士(PT)の仕事内容はリハビリ以外にも以下のようなものがあります。


・書類作成

リハビリの内容や方向性を記載したリハビリテーション実施計画書や、他の施設に入所する場合に必要なリハビリサマリーなどの書類作成も理学療法士(PT)の仕事内容です。他のセラピストと共同で利用者の全体像をしっかりと捉えた上で作成する事が大切です。


・集団体操の指導

デイケア(通所リハビリテーション)では、利用者全員で体操をしたり、レクリエーションを行なったりする職場が多く、セラピストも一緒に関わります。理学療法士(PT)の場合、身体の機能を向上させるような高齢者向けの体操を指導する役割をする事が多いです。


・福祉用具や装具などの提案

デイケア(通所リハビリテーション)に通われている人は高齢者が多いため、杖や車椅子などを必要としている事も多いです。専門的な目で福祉用具や装具の提案やアドバイスなどを行う事も大切な仕事内容です。


・その他

デイケア(通所リハビリテーション)では、食事や入浴のサービスも提供するため、セラピストも配膳や入浴介助を他の職員と一緒に手伝う職場も多いです。また利用者を送迎するバスの運転や付き添いの役割を行う事もあります。


デイケア(通所リハビリテーション)における理学療法士(PT)の役割

デイケア(通所リハビリテーション)でリハビリを受ける人の多くは、自分で施設に通うことが可能な高齢者です。身体機能が低下して通院が困難になり、外出する機会が減ってしまうとQOL(quality of life:生活の質)に大きな影響を及ぼします。そのため、今ある身体機能の維持及び改善を目指すことが理学療法士(PT)の重要な役割です。特に最近ではロコモティブシンドロームが懸念されており、それを予防する事が理学療法士(PT)の重要な役割と言えるでしょう。


またデイケア(通所リハビリテーション)では病院のリハビリのように短期間で関わるのではなく、長期に渡って利用者と関わっていきます。理学療法士(PT)としての専門的な目線で利用者の予後を見据えながら関わっていく事も重要な役割です。


※ロコモティブシンドローム
筋肉や関節などの運動器の障害により、立ったり歩いたりする移動能力に支障をきたしている状態


デイケア(通所リハビリテーション)の職場の特徴

デイケア(通所リハビリテーション)の職場の特徴は、職場よっても差はありますが、残業が比較的少ない事が挙げられます。また病院やクリニックのように患者が溢れかえっていて、リハビリに追われて忙しい環境ということは一般的に少なく、ゆっくりとしたペースでリハビリが出来る職場が多いのが特徴です。


高齢化社会が進む中でデイケア(通所リハビリテーション)での理学療法士(PT)の需要は高まっている

今後高齢化が進み、要支援、要介護の人が増えていくことが予想されています。デイケア(通所リハビリテーション)は、高齢者が健康で穏やかに生活出来るようにサポートするための重要な場所です。特に「立つ」「歩く」といった基本動作能力を維持、改善していく事が大切であり、その専門家である理学療法士(PT)の需要は今後も高まっていくと言えるでしょう。

介護職新着求人