訪問リハビリテーションでの理学療法士(PT)の役割は?職場や仕事内容について

気になる気になる ログインログイン 会員登録会員登録

訪問リハビリテーションでの理学療法士(PT)の役割は?職場や仕事内容について

訪問リハビリテーションとは、医師の指示の元に理学療法士(PT)などのセラピストが自宅へ直接訪問をしてリハビリを行うサービスを指します。訪問リハビリテーションの対象は事故や怪我、脳卒中などで身体に障害を負ってリハビリが必要ではあるものの、医療機関に通う事が困難な人が対象となります。


訪問リハビリテーションは通院困難な高齢者が利用するサービスというイメージが強いかもしれませんが、対象者は医師から訪問リハビリテーションのサービスが必要と判断されれば、小児から成人まで年齢を問わずサービス利用の対象となります。


訪問リハビリテーション 理学療法士

訪問リハビリテーションと病院におけるリハビリテーションの違い

訪問リハビリテーションは医療機関などの職場とは違い、利用者が実際に生活している場所でリハビリを行うため、退院後の生活を直接見る事が出来ます。そのため生活場面に直接関わる事で自宅環境内での問題点に対し、直接的にアプローチする事が可能です。


しかし訪問リハビリテーションは病院の整った設備環境とは違い、広いプラットホームや平行棒などのリハビリ機器はなく、自宅環境を使用してのリハビリとなります。そのため各セラピストが試行錯誤して、その自宅で出来るオリジナルのリハビリメニューを作っていく臨機応変な手腕が求められます。


このように訪問リハビリテーションは自宅で行うという難しさはありますが、実際の生活場面を直接的に捉えられるという大きなメリットがあります。


訪問リハビリテーションにおける理学療法士(PT)の仕事内容

ここからは、実際訪問リハビリテーションでどのような役割が求められるかなど、訪問リハビリテーションにおける理学療法士(PT)の具体的な仕事内容についてみていきましょう。


身体機能、基本動作能力改善のためのリハビリ

病院などと同じように、訪問リハビリテーションにおいても理学療法士(PT)の主な仕事内容は身体機能、基本動作能力の向上のためのリハビリを行う事です。


訪問リハビリテーションの対象者は、通院する事が困難であるため、立つ、歩くといった移動動作に支障をきたしている人が多いという特徴があります。また自分で起き上がる事も困難である場合もあります。


そのため訪問リハビリテーションでは身体機能面だけのアプローチではなく、自宅の環境を整える環境へのアプローチも重要な仕事となります。具体的にはベッドや家具の配置を変えて移動しやすい環境に変えたり、リクライニングベッドを導入して起き上がりやすくしたり、車椅子を選定する事などが理学療法士(PT)の仕事内容として挙げられます。

全身状態、バイタルのチェック

訪問リハビリテーションは基本一人で自宅に訪問をしてリハビリを行います。そのため全身状態の確認、血圧、脈拍、血中酸素濃度などバイタルのチェックも理学療法士(PT)が行い、看護師のような役割をこなす事もあります。異常な所見が見られた場合は医師や看護師に報告をして対応を依頼します。

家族指導

在宅での安全な移動方法、介助方法、自主トレーニングなどを家族に指導する事も訪問リハビリテーションにおいて重要な仕事内容となります。各セラピストと連携して適切な家族指導を行っていきます。

書類作成

看護師や各セラピストと共同してリハビリ計画書、報告書など必要な書類を作成します。理学療法士(PT)は身体機能面の専門的な記載が求められます。

担当者会議への参加

利用者に関わる医師や看護師、ケアマネジャー、介護士、各セラピスト、利用者、家族が集まり、現状の報告や今後の対策などを話し合います。


訪問リハビリテーションにおける理学療法士(PT)の役割

訪問リハビリテーションは、病院のリハビリのように短期間で行うのではなく、長期的に利用者と関わっていくものとなります。そのため、将来的な予後を見据える能力が理学療法士(PT)には必要となってきます。病気や障害の程度や種類、利用者の個人的な背景や環境、家族との関わりなど全体を捉えて、長期的な目標やプログラムを立案する事が訪問リハビリテーションにおける理学療法士(PT)の重要な役割です。


また基本一人で訪問してリハビリを行うので、身体機能面だけでなく、バイタルチェックを行い全身状態の把握や、ADL(Activity of Daily Living:日常生活の中でごく当たり前に行っている習慣的行動)指導をしたり、精神状態を確認したりするなど他のセラピストが行うような役割も求められます。


訪問リハビリテーションの職場で働くメリットとデメリット

働く環境

訪問リハビリテーションは車や自転車などを使って利用者の自宅を回ります。病院で篭りっきりの環境とは違い、移動する事で気分転換を図れるといったメリットがあります。基本的には外を回っているので職場に滞在するのは、事務処理や会議の時に限られます。

逆に移動が多い事のデメリットとして体力的な負担や、天候や交通状況により時間が左右される事が挙げられます。

給与面

給与面は職場によって固定給の場合と件数ごとの歩合制の場合とに分けられます。歩合制の場合は多く回った分だけ給料に反映されるため年収アップが望めるというメリットがありますが、利用者の体調次第で変動してしまう事もあり収入が不安定でもあるというデメリットがあります。


訪問リハビリテーションにおける理学療法士(PT)の求人は増えてきている

訪問リハビリテーションの職場の求人は近年増えてきており、理学療法士(PT)の需要も以前よりも高まってきています。対象者の生活に深く関わりたい人や年収アップを目指している人にはオススメの職場となっています。

介護職新着求人