幼稚園教諭とはどんな資格?資格取得方法と仕事内容について

気になる気になる ログインログイン 会員登録会員登録

幼稚園教諭とはどんな資格?資格取得方法と仕事内容について

幼稚園教諭は、幼稚園に在籍して就学前の子どもたちの成長を支援しています。子どもたちと関わる仕事には保育士もあり、幼稚園教諭と仕事内容を混同している人も多いのではないでしょうか。そこで、今回は幼稚園教諭の仕事内容や資格取得方法について、保育士との違いも含めて解説します。


幼稚園教諭資格取得

幼稚園教諭とは

幼稚園教諭とは、学校教育法によって規定されている幼稚園において3歳から就学前の子どもたちの教育を行う仕事です。就学前の子どもたちに関わる仕事である保育士と混同されがちです。保育園は厚生労働省が管轄する「保育施設」であり、保育士は福祉の観点から保育を行います。一方で、幼稚園は文部科学省が管轄する「学校」であり、幼稚園教諭は教育の立場から子どもたちの成長を支援しています。つまり、幼稚園教諭は小学校や中学校などの教諭と同じ「学校教諭」という立場で日々子どもたちと関わっているのです。


幼稚園教諭の仕事内容とは

幼稚園教諭は、幼稚園のカリキュラムに沿って子どもたちの保育を行います。幼稚園のカリキュラムは幼稚園教育要領に基づいており、「健康・人間関係・環境・言葉・表現」の5つについて、運動や音楽、遊びなどを通して教育的視点から子どもたちの成長を支援します。 幼稚園ではバス送迎を行うところが多いことから、バスに同乗して子どもたちを送迎し、保護者とのコミュニケーションを図ることも幼稚園教諭の仕事のひとつです。園児が帰宅後は、教室の掃除や次の日の準備、他の先生との打ち合わせなどを行います。行事があるときには、何日もかけて準備を行うこともあるでしょう。


幼稚園教諭の資格を取得するには

幼稚園教諭の資格を取得するためには、文部科学省大臣が認定する幼稚園教諭の免許を取得しなければなりません。幼稚園教諭免許には、普通免許と臨時免許があります。普通免許はさらに、一種、二種、専修に分けることができます。免許の違いは卒業した学校による違いで、一種免許状は4年制大学卒、二種免許状は短大卒および専門学校卒、専修免許状は大学院卒となります。それぞれの免許において仕事内容に大きな差はありません。しかし、就職する幼稚園によっては給与に差があることもあります。
2018年現在、幼稚園教諭の資格を取得する学校は、全国に793校あります。厚生労働省によると、1種免許を取得できる大学は313校、2種免許を取得できる短大は223校、専修免許を取得できる大学院は227校となっています。また、通信課程のある学校も全国に30校あります。
また、保育士として一定の経験がある方は必要な単位を取得することで幼稚園教諭免許を取得できるという特例があります。この特例では、保育士として3年かつ4320時間の経験があれば、8単位を修得することで幼稚園教諭の資格を得ることができます。大学を卒業して学士がある人は1種、学士がない人は2種の免許が取得可能です。


幼稚園教諭と保育士の違いとは

就学前の子どもたちに関わる仕事には、幼稚園教諭のほかに保育士があります。仕事内容もよく似ており、混同してしまう人も多いでしょう。幼稚園教諭と保育士には主に以下の4つの違いがあります。


管轄する省庁や法律の違い

幼稚園教諭と保育士の資格は、管轄している省庁が違います。幼稚園教諭は文部科学省が管轄しており、学校教育法に基づく資格です。そのため、幼稚園も法律上は「学校」の一種となっています。

一方、保育士は厚生労働省が管轄しており、児童福祉法に基づく資格となっています。保育所は「児童福祉施設」の一種という位置づけです。

対象年齢の違い

幼稚園教諭が対象とする年齢は、満3歳から就学前までです。一方、保育士は保育園で活躍する保育士が多いことから、対象年齢は就学前までと思いがちです、実際は0歳から18歳までを対象としています。保育士は保護者に代わって子どもの保育を行うのが仕事であるため、児童養護施設など就学後の子どもたちとも関わることが想定されていることから、対象年齢は18歳までとなっています。

資格の違い

幼稚園教諭として活躍するためには、先に述べたように幼稚園教諭の免許が必要となります。幼稚園教諭は学校教諭であるため、教員免許更新制の対象となっております。教員免許更新制とは、2007年6月の教育職員免許法の改正によって、2009年4月から導入された制度となっており、10年ごとに講習を受けて教員免許を更新しなければなりません。
一方、保育士は保育士の資格が必要となります。保育士は更新制ではないため、一度資格を取得してしまえば一生保育士として働くことができます。

活躍できる場所の違い

幼稚園教諭が活躍するのは、幼稚園やこども園、学童保育施設などです。一方、保育士は保育園や児童養護施設、病院など子どもと関わるさまざまな場所で幅広く活躍しています。

介護職新着求人