保健師とはどんな資格?資格取得方法と仕事内容について

気になる気になる ログインログイン 会員登録会員登録

保健師とはどんな資格?資格取得方法と仕事内容について

地域の方々とより近い立場で保健活動を行う保健師。看護師と保健師の違いがよくわからないと感じる人もいるのではないでしょうか。保健師の資格について、取得方法や仕事内容についてご紹介していきます。


保健師資格取得


保健師の資格取得方法

保健師とは、地域で生活する個人や家族への生活指導や環境調整を行う仕事です。保健師助産師看護師法では、「厚生労働大臣の免許を受けて、保健師の名称を用いて、保健指導に従事することを業とする者」と定められています。
保健師の国家試験は厚生労働省で定められた看護師の基礎教育を受けた後、保健師養成カリキュラムを受ける必要があります。そのため、保健師の資格は看護師の国家試験に合格することが大前提です。保健師の資格を看護師のキャリアアップに考える人もいます。

受験までの方法としては、看護師と保健師の統合カリキュラムがある看護大学や専門学校に入学し同時に学び卒業後、「看護師・保健師国家試験」を受験する方法と、看護師の基礎教育を終え看護師資格を取得した後に保健師学校に通い「保健師国家試験」を受験す方法の二つがあります。
統合カリキュラムの場合には、看護師と保健師の同時受験をすることになります。看護師の国家試験に合格しなければ、保健師の国家試験に合格しても免許取得できないことが注意すべき点です。


保健師の資格と看護師の資格の違い

保健師の資格取得の流れで看護師の資格を持っていることが大前提となっているため、保健師は看護業務を行うことができます。しかし、保健指導は保健師の大きな役割であることが一番大きな違いです。たとえば看護師は、病院に来る患者さんの治療や日常生活の介助などを行います。保健師は病気の予防活動や健康維持などを主に活動しています。看護師の役割と重なる部分もありますが、保健師は働く場所も少し違ってくることもポイントです。


保健師の働く場所は?仕事内容について

保健指導は乳幼児から高齢者まで地域で生活している人たちを対象としているため、地域の保健センターや学校、企業、病院などさまざまな場所で働くことができます。


保健所、保健センター

保健所や市区町村の保健センターなどで働くケースです。これらを行政保健師と呼ぶこともあります。保健所は都道府県の管轄であるため、そのなかで働く保健師は担当地域の健康問題を把握・調査することやケアシステムの構築、対策を立てることが役割です。市町村の保健センターと連携し、難病や精神障害を持つ人への相談や支援など、広域的に関わっています。

また、保健センターの保健師は、地域住民の健康を守る役割があり、乳児健診や子育て相談、生活習慣病予防教室などの活動を行っています。

学校

一部私立の小学校・中学校・高校、専門学校や大学の保健室で働くケースです。学校保健師と呼ぶこともあります。基本的には学校の生徒や職員の健康管理・予防がメインで、けがや体調不良者の対応、メンタルケアなども役割としてあります。学校を拠点にした地域の健康づくりにも関わっています。

また、小学校・中学校・高校の場合には、養護教諭の資格で働くケースが多いです。保健師との違いは、子どもの健康教育や性教育に関するカリキュラムを受けていることで、保健師だけの資格ではどの学校でも働くことができるわけではないことが現状としてあります。

企業

企業の中にある医務室などで働くケースです。産業保健師と呼ぶこともあります。企業に勤める労働者の健康管理、職場環境の調整などが主な役割です。最近では、生活習慣病の予防だけでなく、労働環境の影響によるうつなど、メンタルケアのかかわりも重要とされています。学校や病院とはまた違い、衛生管理者等のチームで働く人をサポートしていることが多いです。

病院

病院やクリニックなど医療現場で働く保健師です。病院でも病気の予防や健康指導に力を入れているところも多いため、保健師を配置するところが増えてきています。病棟に配属されるわけではなく、地域医療連携室、退院支援部署などで院外の関係機関と連携をとっていくことも役割としてあります。
また、入院患者さんの感染症の発生を防ぐために院内感染に関する危機管理を保健師が行うこともあり、今後も保健師の役割は広がっていくことが予想されます。

福祉施設

福祉施設では老人保健施設や社会福祉協議会などで働くケースです。保健師は高齢者の相談などや、その家族の支援などを行います。


保健師は看護師とは違うキャリアアップを目指せる

地域で生活する人のサポートにやりがいを感じるようであれば、看護師よりも保健師の方が資格を有効に生かせるかもしれません。保健師は今後も看護師とは違った役割を持って、活動の幅が広がっていくことでしょう。

介護職新着求人