助産師はどんな資格?資格取得方法と仕事内容について

気になる気になる ログインログイン 会員登録会員登録

助産師はどんな資格?資格取得方法と仕事内容について

女性の健康や妊娠出産に関するプロフェッショナルといえる助産師。しかし、妊娠出産のとき以外にも活躍の場があることを知らない人も多いのではないでしょうか。今回は助産師の資格について、専門性が高く、幅広い仕事内容についても紹介していきます。


助産師資格取得

助産師の資格取得方法

助産師国家試験の受験資格を得る為には、看護師国家試験に合格後、1年以上助産師にかかわる学科を修めるか、都道府県知事の指定した助産師養成所を卒業することが必要です。助産師の教育課程はさまざまあり、2年間で学ぶ大学院から1年で学ぶ専攻科、専修学校、大学4年間の間で助産コースを選択して資格を取る方法があります。なかには、高校を卒業してから助産師を目指すために看護学校へ行くこともあれば、看護師として産科やNICU(新生児特定集中治療室)などで働いた経験から助産師の学校に通い、資格を取る人もいます。


学校では妊娠期から分娩期、産褥期、新生児期の実習を行います。妊婦健診や母子の保健指導、思春期教育、不妊や更年期のケアについて、女性の健康に関する知識やスキルを学びます。


助産師の資格と看護師の資格の違い

助産師の資格といっても、具体的に看護師と何が違うのか、資格の内容についてまずは確認しましょう。まず、助産師の資格を取るためには看護師の資格が必要であるため、看護師の業務は助産師でも基本的に行えます。そのなかで保健師助産師看護師法第3条では、「助産又は妊婦、褥婦若しくは新生児の保健指導を行うことができる女子」と助産師を定義しています。さらに、この第3条に規定する業を助産師以外は行ってはならないということです。そのため、看護師との大きな違いは、「正常な妊産婦への業務が法的に認められていること」になります。


他には、看護師とは違い、助産師は開業権があることも大きな違いでしょう。助産師として助産院を開業し、正常な経過をたどる妊婦さんの分娩を扱うことができます。 また、最近では男性看護師の数も増えてきていますが、助産師の場合には、男性の受験資格はありません。海外では男性助産師が活躍する国もありますが、日本の現状においては、男性が助産師となることはできないことも一つ特徴です。


助産師と看護師の給料や待遇の違いについて

助産師と看護師の基本給や手当に関しては、病院や診療所などによってさまざまです。看護師と基本給の差がないところもあれば、月3~5万円ほどの手当が出るところもあります。しかし、それでも看護師や保健師と比べると資格手当などつくケースが多いため、助産師の方が平均年収としては50~90万円ほどの違いがあることは確かです。そのほかの待遇面に関しては、看護師と大きく変わることはありません。

助産師の仕事内容

助産師は病院(産科、NICUなど)や診療所、助産所、市区町村の保健センターなどで働いているケースが多いです。しかし、病院のなかでは、産科と婦人科、小児科や内科などがセットになっている混合病棟などもあり、妊娠出産以外の場所でも助産師が働くことはあります。


普段の業務としては、場所によって以下のように違いがあります。

病院・診療所・助産院

妊娠から出産後のケアまでをトータル的にサポートしています。妊娠期には妊婦健診、診療の補助、メンタルケアや相談を行い、出産のときには分娩に入り、安全・安楽にお産が進むよう、痛みを和らげたり、ケアをしたりしています。産褥期には、母子共に健康管理を行い、育児生活の支援をしていくことが主な役割です。 その他にも、母子の状態によっては臨時応急の手当や、へその緒を切ったり、その他助産師の業務に付随する行為をする場合は、治療や処置を行うこともあり、助産師と看護師としての視点でケアにあたります。

市区町村の保健センターなど

地域の保健師とともに、母親・両親学級を開いたり、育児相談や家庭訪問を行ったりすることが多いです。病院や診療所に比べて、デスクワークがメインとなります。母子手帳や助成金手帳に関する書類手続きや母親の産後うつに関するメンタルケアやカウンセリングを行うこともあります。

その他

他には、学校で児童・生徒を対象にした性教育などを行う助産師もいます。助産師は産科で働くイメージがあるかと思いますが、性教育のあり方が少しずつ変わってきており、助産師の働き方も多様化しているようです。

助産師の仕事は今後も高い需要が見込まれる

世間では少子化といわれていますが、看護師不足が叫ばれるなか、助産師の数も同様に足りていないのが現状です。そのため、助産師としての需要は今後も高まっていくことでしょう。看護師の資格を取る際に、その先のキャリアについても一緒に考えてみてほしいです。

介護職新着求人