栄養士とはどんな資格?資格取得方法と仕事内容について

気になる気になる ログインログイン 会員登録会員登録

栄養士とはどんな資格?資格取得方法と仕事内容について

食と栄養のスペシャリストである栄養士は、病院や学校、施設などで活躍する専門職です。しかし、栄養士の実際の仕事内容などについては、よくわからない人も多いでしょう。そこで、今回は栄養士の仕事内容と資格の取り方について紹介します。


栄養士


栄養士とは

栄養士とは、主に健康な人に対して栄養指導や給食等の運営を行う専門職です。都道府県知事が認定する国家資格であり、栄養面から健康的な生活を送るための食生活アドバイザーともいわれています。栄養士には、食生活における総合的なマネジメント能力が求められます。具体的には、栄養バランスの取れた献立を作成したり、安全な食事のための衛生面の知識、食材の仕入れや費用などの経営能力、食事に関わる多職種と協力したり調整をするための管理能力が必要となります。


栄養士の仕事内容とは

栄養士の主な仕事内容は、栄養学に基づいたメニューの作成や調理方法の改善、栄養指導などです。給食や食事を提供するあらゆる場所で活躍することができます。活躍する場所によって、栄養士が担う仕事にも差があります。主な仕事先とその内容を見ていきましょう。


病院

病院の栄養士は、管理栄養士と一緒に医師の指示のもとで栄養計画を作成します。そして、その計画に沿って献立の作成や食材管理を行い、調理も担当します。患者さんの栄養管理や指導も栄養士の仕事のひとつです。

小学校や中学校などの学校

学校の栄養士は成長期に必要な栄養管理を行います。子どもたちの成長時期に合わせた献立作りや食材選び、発注、そして調理や調理場の管理も栄養士の仕事です。また、食事の大切さを伝えるための食育や食生活の改善、食物アレルギーや肥満などの個別指導を行うこともあります。

高齢者福祉施設

介護保険施設などの高齢者が入所する施設や、デイサービスなどを行う高齢者施設でも栄養士は活躍しています。高齢者福祉施設で働く栄養士は管理栄養士と協力しながら、入所者や通いの高齢者の栄養管理を行います。また、個別の身体機能に合わせて調理方法を工夫した食事の提供を行っています。季節に合わせた行事食などを作ったりすることで、食べることを楽しむ機会を作るのも栄養士の仕事です。ここでも、献立の作成や食材の発注などの食事に関わる業務の多くを栄養士が担っています。さらに、医師や歯科医師、看護師、介護職員やリハビリ専門職などと協力し、食事の面から高齢者の健康を支えています。

企業や大学などの食堂

栄養士は企業や大学などの食堂でも活躍しています。食堂では、栄養バランスの取れた献立の作成や調理指導が主な仕事となります。食堂によっては、セルフサービス方式や複数選択メニュー、バイキング形式をとっているところもあり、どのスタイルでも栄養が十分に摂れるような献立を考えるのも栄養士の重要な役割といえるでしょう。

自治体

自治体の保健センターに所属している栄養士は、地域に密着した健康を推進する役割を担っています。具体的には、母子や成人、高齢者などの栄養相談や栄養指導、地域食の実態把握や指導、技術援助などを行っています。

その他の活躍の場所

栄養士の活躍の場所は、他にも食品メーカーや飲食店、スポーツ関連施設などさまざまです。また、所属する会社によっても働き方や仕事内容は変わってきます。自分のやりたいことや生活などに合わせて働けるのも栄養士のメリットと言えるでしょう。


栄養士の資格を取得するには

栄養士の資格を取得するためには、栄養士を養成する学校で必要な単位を取り卒業する必要があります。栄養士を養成する学校には、4年制大学や2年制の短期大学、2~4年の課程を持つ専門学校があります。学校によって栄養士の資格に差はありません。また、養成施設の全てが昼間過程であり、夜間過程や通信課程の学校は1校もありません。


全国栄養士養成施設協会によると、栄養士を養成する学校は2019年1 月現在、全国に約144校あります。そのうち4年制大学は15校、短期大学が95校そして専門学校は33校となっています。地域別にみてみると、北海道・東北では20校、東京は21校、東京を除く関東・甲州で22校、北信越・東海25校、近畿20校、中国・四国は16校そして九州沖縄は20校です。


なお、それぞれの学校によって授業やカリキュラムには違いがあります。学校を選ぶときには、自分に合ったカリキュラムを行う学校を選ぶとよいでしょう。

介護職新着求人