管理栄養士とはどんな資格?仕事内容と資格取得方法について

気になる気になる ログインログイン 会員登録会員登録

管理栄養士とはどんな資格?仕事内容と資格取得方法について

管理栄養士とは、食と栄養について高度な知識と技術を持った専門職です。病院など私たちの身近なところで栄養面から健康を支えています。今回は管理栄養士の仕事内容と資格取得方法を紹介します。


管理栄養士


管理栄養士とは

管理栄養士とは、高度な知識や技術を持って様々な人に栄養指導を行う食と栄養のスペシャリストで国家資格です。栄養士と違い、健康な人だけでなく病気や高齢などの理由により特別な配慮が必要な人への栄養指導を行います。また、栄養管理や給食管理も管理栄養士の仕事のひとつと言えるでしょう。


さらに、給食施設や病院、福祉施設などでは、施設の規模によっては管理栄養士を配置する義務が生じます。施設の種類によって違いがあるものの、病院や介護老人保健施設では1回に300食以上もしくは1日750食以上の給食を継続的に供給する場合には、1人以上の管理栄養士が必要です。


管理栄養士の仕事内容とは

管理栄養士の仕事内容には、主に栄養指導や給食管理、栄養管理があります。活躍の場所は幅広く、所属する施設や企業によって仕事内容も違います。活躍の場所別に仕事内容を見ていきましょう。


病院などの医療現場

病院や診療所に所属する管理栄養士は、医療チームの一員として医師や看護師、薬剤師などの医療職と連携しながら患者さんへの食事の提供や栄養指導を行っています。また、病院では栄養サポートチーム(NST)の中心的存在として活躍することもできます。

学校などの給食

小中学校などに所属する管理栄養士は、子供たちの成長に必要な栄養素を計算した学校給食の献立作成や、給食の提供を行います。また、子どもたちへの食育や肥満やアレルギー、糖尿病などの子どもに対し個別指導を実施することもあります。

会社などの社員食堂

会社や社員寮の食堂も管理栄養士の活躍の場所のひとつです。社員食堂などで働く管理栄養士は献立を作成するだけでなく、栄養についての正しい情報を提供するなどして社員の健康をサポートする役割を担っています。所属する会社などによって対象となる層に違いがあるため、それぞれの状況に合わせた対応が必要となります。

福祉の現場

高齢者や障害者など関わる福祉の現場でも管理栄養士は活躍しています。高齢者施設では、一人ひとりの生活状況や身体状況に合わせた食事の提供や栄養管理を行います。食べられる量が少ない場合には、少ない量でも適切な栄養を摂ることができるよう工夫することも、管理栄養士の仕事のひとつです。

保育園

保育園で働く管理栄養士は、0歳から小学校入学前の子供たちの成長に必要な給食の提供を行っています。食事だけでなく赤ちゃんの調乳も管理栄養士の仕事のひとつとなります。食材や料理に興味や関心を持てるような食育も実施することがあります。

行政

自治体の保健所や保健センターに所属する管理栄養士は、地域の人々を対象とした健康づくりに関する講座の開催や栄養相談を行っています。対象は乳幼児から高齢者までと実に幅広く、地域住民の健康を支える重要な役割を担っています。

そのほかの活躍場所

病院や学校、会社や福祉施設、保育園、行政以外でも管理栄養士はさまざまな場所で活躍しています。例えば、国や大学、企業などの研究機関に所属している管理栄養士は、食に関するさまざまな研究をしています。また、養成学校の講師として未来の管理栄養士の育成に努めている人もいます。最近ではスポーツ業界で活躍する管理栄養士も増えてきており、主に運動能力を高めるための食事のアドバイスを行っています。


管理栄養士の資格を取得するには

管理栄養士の資格を取得するためには、「栄養士の資格を所持していること」が前提条件となります。そして、管理栄養士の国家試験を受験して合格しなくてはいけません。国家試験を受験するには、4年制の管理栄養士養成施設で学び栄養士資格を取得するか、栄養士養成施設で学んで栄養士の資格を取得した後、一定の実務経験を積む必要があります。必要な実務経験は、2年制の場合で3年以上、3年制で2年以上、そして4年制では1年以上となっています。


管理栄養士の国家試験は毎年3月に全国8か所の会場で開催されています。2018年に行われた試験の合格率は60.8%、うち管理栄養士養成施設の新卒者の合格率は95.8%と非常に高い割合を示しています。一方で、既卒者の合格率は20.8%、栄養士養成施設の既卒者は19.2%と非常に低く、卒業から時間が経つほど難易度が高くなります。管理栄養士になるためには、管理栄養士養成施設を卒業して試験を受験することが一番の近道と言えるでしょう。

介護職新着求人