整体師とはどんな資格?資格取得方法と仕事内容について

気になる気になる ログインログイン 会員登録会員登録

整体師とはどんな資格?資格取得方法と仕事内容について

指圧やマッサージなどにより背骨の矯正や筋肉をほぐす職業を整体師といいます。整体師には、似たような資格や職業があるため、実際にはどのような仕事をしているのかわからないという人も多いのではないでしょうか。そこで、今回は整体師の仕事内容や資格の取得方法について解説します。


整体師


整体師とは

整体師とは、手や足を使った技術を用いて体の中心である背骨や骨盤の矯正をし、筋肉の疲れを回復させる整体を行う人のことをいいます。整体は手技を用いた代替医療や民間療法のひとつです。施術方法や目的によってさまざまな種類の整体が存在しており、整体全体を統一した手技や資格はありません。主催する団体などによって複数の資格が存在しており、そのすべてが民間資格となっています。


整体には、手技や思想によって分けられる場合と、整体を行う目的によって分けられることがあります。手技や思想によるものでは、野口整体や経絡整体、山田式整体術などがあります。整体の目的別では、美容整体やスポーツ整体などが該当します。


整体師と似た資格

整体師とよく似た資格には、柔道整復師やあん摩マッサージ指圧師の国家資格と、カイロプラクティックなどの民間資格に該当するものがあります。それぞれの違いについて、詳しく見ていきましょう。


柔道整復師やあん摩マッサージ指圧師との違い

整体師と柔道整復師やあん摩マッサージ指圧師との大きな違いは、国家資格かどうかです。柔道整復師とあん摩マッサージ指圧師は国家資格であり、健康保険の取り扱いが可能となっています。医師の指示のもと医療行為を行うこともあります。一方、整体師は民間資格であるため、医療行為を行うことができません。

また、資格を取得する期間についても、柔道整復師やあん摩マッサージ指圧師は法律で明確に決められています。しかし、整体師の場合には数日から2年程度と主催する団体などにより大きな差があります。

カイロプラティックとの違い

カイロプラクティックは、整体と同様に手技療法の一種で民間療法や代替医療のひとつです。カイロプラクティックでは、手を使って骨格のゆがみを調整し、身体の調子を整えます。日本ではカイロプラクティックの法的資格は存在しないものの、海外では医療職のひとつとしてアメリカを中心に約100か国で普及しています。

整体とカイロプラクティックは、発祥や歴史的背景が違います。整体は中国を起源とした東洋医学がベースにあります。しかし、カイロプラクティックはアメリカ発祥の手技療法で、西洋医学がベースと言われています。


整体師の仕事内容とは

整体師は、まず患者さんの情報を把握します。過去の病歴や現状などを問診票に書いてもらうか、カウンセリングしながら聞き取ります。患者さんの困っている状態が把握できたら、施術についての説明を行います。同意を得ることができたら実際の施術を開始します。一人ひとりの状態に合わせた施術を行った後には、日常生活で気を付けることをアドバイスするなどのアフターフォローをして終了となります。 なお、整体師の仕事は取得している手技や整体師本人の考え方などによって、流れや内容に差があります。


整体師の資格を取得するには

整体師の資格取得については、法律上は規定されていません。そのため、誰でも整体師と名乗ることができます。しかし、人の身体に施術を行った結果として健康被害が出た場合には法律で罰せられるため、正しい知識と技術を身に付ける必要があります。 整体師の資格は、手技や思想、目的などによってさまざまな種類が存在しています。


例えば、日本手技療法会・整体師会が開講している整体師養成講座では、教本やDVDで自宅学習を重ね、協会認定の整体指導員からマンツーマンで指導を受けバランス整体法という技術を取得します。また、通学により知識や技術を学び、卒業時に試験を行う学校もあります。整体師の資格取得を検討するときには、自分のやりたい整体がどのようなものなのか、しっかりと見極めたうえで学校や講座を選ぶようにしましょう。

介護職新着求人