調理師とはどんな資格?資格取得方法と仕事内容について

気になる気になる ログインログイン 会員登録会員登録

調理師とはどんな資格?資格取得方法と仕事内容について

調理師とは、調理の業務に関わる専門職で国家資格です。飲食店だけでなく病院や施設、学校などの給食・調理施設など、さまざまな場所で活躍しています。なかには、食品関連企業の開発部門などで働いている人もいます。また、海外で活躍する調理師も年々増えてきていることから、調理師はグローバルな活躍が期待できる資格ともいえるでしょう。


しかし、実は調理に携わる仕事をするためには調理師の資格は必須ではありません。なぜなら、調理師は名称独占資格であるため、業務そのものは資格がない人でも行うことができるからです。ただし、調理師の資格を保持しているということは、調理の専門的技術や知識があるという証明となるため、就職するときには有利に働くことも多いでしょう。実際に、調理師資格を採用の条件としているところもあります。


調理師


調理師の仕事内容とは?

調理師の仕事内容は、どこに所属するかによって違いがあります。飲食店で働く場合には、新人のうちは掃除や片付けなどの下積みから始めることが多いでしょう。経験を積んで徐々に調理に携わるようになり、一人前と認められると食材の仕入れから新メニューの開発、衛生管理など、料理に関わる全てのことをまかされることも増えてくるでしょう。
病院や施設などでは、栄養士の作成した献立に基づいて調理を行います。また、栄養士と協力して個々の利用者に応じた食事作りをすることもあります。


調理師の資格を取るには?

調理師の資格を取得するには、学校に通う方法とお店で働いて経験を積み調理師試験を受けて合格する方法の2種類があります。それぞれについて詳しく見ていきましょう。


調理師を養成する学校で学ぶ場合

調理師の養成機関で学ぶ場合には、1年以上のカリキュラムを経て卒業すると無試験で調理師資格を取得することができます。調理師の専門学校では、多くの場合中学卒業以上の学歴があれば入学資格を得ることができます。また、高校の調理科で学び卒業した場合も、調理師資格を無試験で得ることが可能です。

実務経験を経て調理師試験を受験する場合

調理師の資格は、実務経験を積み調理師試験を受験して合格することでも取得することができます。調理師試験の受験資格を得るためには、飲食店や総菜製造業、給食施設などで2年以上の調理業務経験が必要です。実務経験はパートやアルバイトでも経験として認められますが、実働1日6時間以上週4日以上の勤務を2年以上続けていることが条件となっています。なお、複数の職場による経験を合算することもできます。

調理師試験は、都道府県ごとに年1回開催されています。試験日などは各自治体によって変わりますので、詳細については各自治体に問い合わせて下さい。

試験は、次の6つの科目から全60問マークシートによる四肢択一方式で出題されます。

・食文化概論
・公衆衛生学
・栄養学
・食品学
・食品衛生学
・調理理論

調理師試験の合格率は、60~65%で年々難易度は上がっているものの、しっかりと勉強していれば決して難しい試験ではありません。


調理師資格のメリットとは

調理師の資格を取る最大のメリットは、就職に有利な点です。病院や施設、一流ホテルや料理店の中には、採用条件が調理師免許取得者となっていることがあります。調理師の資格を持つ人を優先的に採用する企業もあり、就職には有利なことが多いでしょう。無資格者と調理師の資格取得者では、初任給に差がある場合もあります。

また、調理に関わるさまざまな知識を得ることができるのも調理師資格を取得するメリットの一つと言えるでしょう。調理師の資格を取得してさらに経験を積むと、専門調理師や調理技能士といった上位資格を目指すこともできます。

さらに、調理師の資格は独立するときにも役に立ちます。飲食店を開店するためには、食品衛生責任者の講習を受ける必要があります。調理師は食品衛生責任者の上位資格にあたるため、この講習を受けずに食品衛生責任者の資格を得ることができるというメリットがあります。


医療・福祉分野での調理師のやりがいとは

医療や福祉分野で活躍する調理師は、飲食店やホテルなどで働く調理師とは違ったやりがいがあります。それは、「療養食をいかにおいしく作るか」というものです。病院や福祉施設では、心身の状態に応じた療養食が作られます。一昔前までは「病院の食事はおいしくない」と言われていたように、療養食は塩分量やカロリーが決められており、味気ないと感じる人も多いもの。しかし、最近では栄養士と調理師が協力して療養食がおいしいものとなるよう、さまざまな工夫をしています。限られた状況の中でおいしい食事を作ることで患者さんや利用者さんから「おいしかった」の言葉をかけられるのは、飲食店とはまた違ったやりがいを感じられるものでしょう。

介護職新着求人