社会福祉主事とはどんな資格?資格取得方法と仕事内容について

気になる気になる ログインログイン 会員登録会員登録

社会福祉主事とはどんな資格?資格取得方法と仕事内容について

社会福祉主事とは、公務員が福祉職として特定の仕事に就く際に必要な資格のひとつです。しかし、実際にはどのような仕事をしているのか知らない人も多いでしょう。そこで、今回は社会福祉主事の資格について詳しく解説していきます。


社会福祉主事とは?

社会福祉主事とは、都道府県や市町村に設置された福祉事務所でケースワーカーなどとして働くための資格であり、公務員が特定の業務に任用されるときに必要とされる任用資格のひとつです。福祉事務所は、社会福祉各法に定める対象者の援護や更生の措置に関する事務を行うために、社会福祉主事の必置義務がありますが、福祉事務所のない町村の場合は任意で配置することができます。社会福祉主事は、行政領域では福祉事務所のほかに、福祉に関わる各種相談所で活躍しています。また、民間の社会福祉施設の施設長や相談員、社会福祉協議会の職員として活躍している人もいます。


社会福祉主事の仕事内容とは?

社会福祉主事の仕事内容は、福祉事務所などに在籍して、社会生活を送るのが困難な人の相談や援助するのが主な業務となります。相談の対象となる人は、高齢者や障害を持つ人、病気や貧困などで困っている人です。社会福祉主事は、それぞれの環境や実情をよく把握してその人に必要な支援を行います。高齢者の場合には介護施設の利用などのサポートを、障害や病気などで貧困に陥っている人には、生活保護の説明や手続きなどの相談や支援を行います。社会福祉主事は、社会福祉に関するさまざまなサービスや制度の情報を提供し、医療や福祉関係者と連携をしながら、社会生活を送るのが困難な人の援助を行っています。

民間の福祉施設などで働く社会福祉主事の場合も、多くは生活相談員として働いています。施設を利用する人や入所している人とその家族の相談に乗り、関係職や機関と連携しながら支援を行います。それまでの経験を生かして、施設長として活躍する人もいます。


社会福祉主事になるには

社会福祉主事の資格を得るためには、大学や短大などで指定の科目を修了したうえで卒業する方法と、指定の養成機関や都道府県の講習会でカリキュラムを修了する方法があります。厚生労働省大臣が指定する社会福祉事業従事者試験を合格した場合や、社会福祉士もしくは精神保健福祉士の資格取得者も社会福祉主事になることができます。 大学や短大などで指定科目を修了する場合には、社会福祉主事任用資格選択必須科目のうち3科目以上の単位を修得する必要があります。なお、一つの大学などで3科目以上指定科目を履修して卒業することが条件となっており、複数の大学などで合わせて3科目履修しても社会福祉主事になることはできません。


この指定科目は社会福祉や医学だけでなく法律や心理学など幅広い分野が対象となっており、同等の内容であれば読み替えが可能な科目もそれぞれに複数あります。詳細については、厚生労働省のホームページを参照するか、学校に相談してみてください。 社会福祉主事養成機関は2017年4月現在、全国に41校あります。北海道・東北地区には8校、関東・甲信越地区には16校、東海・北陸地区1校、近畿地区6校、中国・四国地区4校、九州・沖縄地区には6校です。これらの養成機関では22科目1500時間を修得しなくてはなりません。


都道府県等の講習会の場合は、19科目279時間修得すれば社会福祉主事の資格を取得することができます。ただし、この講習会は原則行政機関職員となっている点に注意が必要です。

社会福祉主事の養成機関には通信課程もあります。通信課程は1年で、全社協中央福祉学院社会福祉主事資格認定通信課程もしくは日本社会事業大学通信教育科の2校のみです。

社会福祉士や精神保健福祉士の資格保持者は、すでに社会福祉主事任用資格を持っているとみなされます。

介護職新着求人