作業療法士(OT)はどんな資格?資格取得方法と仕事内容について

気になる気になる ログインログイン 会員登録会員登録

作業療法士(OT)はどんな資格?資格取得方法と仕事内容について

作業療法士(OT)は、リハビリテーション専門職のひとつで国家資格です。しかし、その他のリハビリテーション専門職とどのような違いがあるのか、わからない人も多いのではないでしょうか。ここでは、作業療法士(OT)について詳しく見ていきましょう。



作業療法士(OT)とは

作業療法士(OT)とは、食事や入浴など日常生活を送るための全ての活動を通して、心と身体のリハビリテーションを行う専門職です。医療技術職のひとつで、英語ではOccupational Therapistと表記することからOTとも呼ばれている国家資格です。理学療法士が身体機能の基本的動作を回復するための支援を行うのに対し、作業療法士(OT)は日常動作だけでなく手工芸やレクリエーションなどを通して支援を行います。 対象となるのは、病気やけが、生まれながらの障害により、日常生活支援が必要な人で年齢も関係ありません。うつ病や摂食障害などの精神疾患も対象となるため、精神科領域で活躍する作業療法士(OT)も増えてきています。


作業療法士(OT)の仕事内容とは

作業療法士(OT)は、「基本的動作能力」「応用的動作能力」「社会的適応能力」の3つの能力を維持したり改善したりすることで、その人らしい生活が送れるよう支援します。具体的な仕事内容は、対象となる人や時期によって違います。病気やけがの初期段階である急性期では、その人が必要とする生活行為の獲得を目指して、自分で日常動作ができるようになるためのリハビリテーションを行います。心身の状態が安定してきた回復期には、生活するために必要となる能力を獲得するためのリハビリテーションを行います。服や靴の着脱や料理や掃除などの家事作業、買い物などの外出などの練習をし、一人ひとりに合わせた生活方法を獲得するための支援をします。そして、退院後自宅など住み慣れた地域へ戻ってからは、社会の中で豊かに生きていけるよう散歩など外に出る練習や就労支援など、その人に合わせてより生活しやすい環境を作る支援を行います。


作業療法士(OT)の活躍の場所とは

作業療法士(OT)は、さまざまな領域で関係職種と連携しながら対象となる人が地域で豊かな生活を実現できるよう支援を行います。活躍の場所は、大きく分けると医療・福祉・教育・就労の4つに分かれており、その分野に合わせてさまざまな役割を担います。
病院やクリニックなどの医療の現場では、リハビリテーションチームの一員として医師や看護師などの多職種と連携しながら、症状や障害の回復状態に合わせた支援を行います。内科や整形外科などの身体機能に関わる診療科だけでなく、精神科領域も対象となるため精神科でもたくさんの作業療法士が活躍しています。 保健・福祉分野では、保健師やソーシャルワーカー、介護支援専門員や介護福祉士などの関連職種と連携しながら、高齢者の疾病予防や健康増進、障害者が地域生活を支援しています。老人保健施設やデイケア、保健所や地域包括支援センターなどに在籍する人が多いでしょう。
教育分野では、教師や療育機関と協働しながら、運動や知的に障害を持つ子供たちの成長を支援します。作業療法士(OT)は医療や福祉の視点から、障害のある子供が豊かに学べる環境づくりを行います。
就労分野では、病気や障害を持ちながらも仕事に就きたい人に対して職業に関しての指導や紹介の他就職後の助言、企業の人事担当者や就労を支援する関係職種と連携し、対象者がやりがいを感じながら働き続けることのできる環境を作る支援や助言を行います。


作業療法士(OT)になるには

作業療法士(OT)になるためには、3年以上のカリキュラムがある養成校で学び作業療法士国家資格試験を受験し、合格する必要があります。養成校には、専門学校と短期大学、大学があり、3年制もしくは4年制です。2018年時点で、養成校は197校あります。4年制大学は83校、3年制短期大学はわずか6校です。3年制または4年制専門学校は108校あり、そのうち14校に夜間過程があります。
作業療法士養成校では、「基礎分野」「専門基礎分野」「専門分野」の3つの分野を学びます。医療や作業における基礎知識から福祉や社会学、心理学まで多岐に渡る知識を3年もしくは4年間で身に付けます。具体的な内容については、以下の通りです。
基礎分野
・科学的思考の基盤
・人間と生活
専門基礎分野
・人体の構造と機能及び心身の発達
・疾病と障害の成り立ち及び回復過程の促進
・保健医療福祉とリハビリテーションの理念
専門分野
・基礎作業療法学
・作業療法評価学
・作業治療学
・地域作業療法学
・臨床実習

2018年2月に行われた作業療法士国家試験の合格率は76.2%、うち新卒者の合格率は83.9%で、合格者数の約94%を占めています。作業療法士(OT)の就職率はほぼ100%と言われており、引く手あまたの資格といえるでしょう。

介護職新着求人