社会福祉士とはどんな資格?資格取得方法と仕事内容について

気になる気になる ログインログイン 会員登録会員登録

社会福祉士とはどんな資格?資格取得方法と仕事内容について

社会福祉士とは、身体もしくは精神上の障害があることにより日常生活がスムーズに送れない、または、経済的な理由により生活が困窮している人の福祉に関する相談に乗り、問題を解決して日常生活がスムーズに送れるように支援を行う専門職です。社会福祉士の資格を持っていなくても相談業務をおこなうことができますが、介護福祉士と同じように「名称独占」資格であるため、資格を持っていない人が「社会福祉士」と名乗ることはできません。

社会福祉士資格取得

社会福祉士の仕事内容は対象者によって違う

社会福祉士の主な仕事は、身体・精神上の障害や経済上の理由で日常生活を送ることが困難な人の相談を受け、安定した生活が送れるように問題が解決するよう支援を行います。状況に応じて、病院や福祉施設、行政機関などと連携して包括的に支援するなどの役割も担っています。社会福祉士の活躍の場は多岐にわたり、対象者によって仕事内容や働く場所が変わってきます。それぞれについてみていきましょう。

障害者分野

障害者分野では、身体や精神、知的に障害を持つ人とその家族が対象となります。障害者支援施設に所属して相談業務を行います。施設では作業の指導を行う場合もあります。行政で働く社会福祉士の場合は、どのような制度を利用できるのかなどの相談に応じ、関係機関につなげていく役割があります。

子どもの福祉分野

子どもの福祉分野では、障害を持つ子どもや非行・不良行為に関わっている子供、さまざまな事情で保護者の養育を受けられない子どもとその家族などが対象となります。児童相談所や児童養護施設、障害児入所施設などで働きながら、相談業務や関係機関との連絡調整などを行っています。

生活困窮者分野

ひとり親世帯や失業などで貧困に陥ってしまっている人の支援にあたるのが、生活困窮者分野での社会福祉士の役割です。都道府県の福祉事務所などの行政機関に所属して、社会福祉の立場から経済的問題解決に向けて生活保護などの各種支援制度の利用をするなど安定した生活が送れるように支援を行います。

地域福祉分野

地域に住んでいるすべての人の福祉に関わるのが地域福祉分野の社会福祉士です。子どもが生まれたばかりの世帯に訪問して孤立を防ぐなどの仕事を行っています。対象となる人や地域によってさまざまな相談・支援業務を行っていきます。地域福祉分野では、社会福祉協議会など行政に所属する社会福祉士が多いでしょう。


社会福祉士になるには福祉系大学が一番の近道

社会福祉士になるためには、「社会福祉士国家試験」を受験し合格しなければなりません。この国家試験には受験資格が必要です。受験資格を得るためには、大きく分けて次の3つのルートがあります。

福祉系大学・短大卒ルート

一番早く受験資格を得る方法は、福祉系大学で基礎科目と指定科目の両方を学び卒業資格を得ることです。基礎科目のみを習得している場合は、6か月以上のカリキュラムがある社会福祉士養成施設に通わなければいけません。

また、短大の場合は指定科目まで習得している場合、相談業務の実務経験を積むことで受験資格が得られます。必要な実務経験は3年制卒で1年、2年制卒で2年となります。基礎科目のみ習得の場合は、この実務経験に加え、6か月以上のカリキュラムがある社会福祉士養成施設に通う必要があります。

一般大学・短大卒ルート

一般大学を卒業している場合には、1年以上のカリキュラムがある社会福祉士養成施設で学ばなければいけません。短大卒業の場合には、3年制卒で1年、2年制卒で2年の実務経験を経て、1年以上のカリキュラムがある社会福祉士養成施設に通うことで受験資格を得ることができます。

実務経験ルート

実務経験を積んで受験資格を得るためには、4年以上の実務経験が必要となります。児童福祉司と身体障害者福祉司、知的障害者福祉士および高齢福祉指導主事も4年の実務経験で受験することができます。社会福祉主事養成機関を卒業している人は、2年の実務経験があれば受験が可能です。


社会福祉士のキャリアアップ・独立する手もある

社会福祉士には資格を取得した後も、経験を積むことでキャリアアップできる制度があります。また、社会福祉士として独立して仕事を行う人もいます。それぞれについてみていきましょう。


認定社会福祉士制度

認定社会福祉士制度とは、社会福祉士として経験を積み、その分野において高度な知識と熟練した技術を持って相談業務にあたることができる人を認定する制度です。2011年に始まり、2018年5月までに約670人が認定されています。所属する機関でリーダーシップを発揮し、複雑な課題があるケースにスムーズに対応できるなど、卓越した知識や技術が必要です。さらなる上級資格として、認定上級社会福祉士という資格もあります。どちらも、一定の条件を満たしたうえで試験に合格すると認定を受けることができます。

独立型社会福祉士

独立型社会福祉士とは、施設や行政などに所属せず独立した立場からソーシャルワークを行う社会福祉士のことをいいます。契約する相手先により仕事内容はさまざまです。また、社会福祉士は成年後見人になることができるため、成年後見受任を行っている人も多いでしょう。

介護職新着求人