介護福祉士とはどんな資格?資格取得方法と仕事内容について

気になる気になる ログインログイン 会員登録会員登録

介護福祉士とはどんな資格?資格取得方法と仕事内容について

一番初めに思い浮かぶのが、「介護福祉士」の資格です。介護福祉士は介護福祉分野では唯一の国家資格であり、介護に携わる人の多くが目指す資格のひとつです。しかし、介護福祉士とはどんな資格でどのような仕事内容なのか、どうすれば資格を取得できるのか、よく知らない人も多いのではないでしょうか。そこで、ここでは介護福祉士の仕事内容や資格取得方法を紹介します。


介護福祉士


介護福祉士とはどんな資格?

介護福祉士とは、社会福祉に関わる国家資格の一つです。介護が必要な高齢者や障害を持つ人が、その人らしい生活を送ることができるよう、食事や排泄などの日常生活に欠かせないさまざまなことについて、専門的な知識と技術をもって支援を行います。また、本人や家族からの相談に応じたり、家族など介護を担う人々に介護の方法を指導することもあります。


介護福祉士は、「社会福祉士及び介護福祉士法」によって名称独占の資格と位置付けられています。名称独占資格とは、国家資格に合格した者だけが「介護福祉士」という名称を使用できるということです。名称独占資格の仕事内容については、介護福祉士を取得していない人でも行うことができます。


一方、医師や看護師などの仕事は「業務独占」資格と呼ばれ、それぞれの国家資格を取得した人でなければ、行えない業務が存在しています。資格を持っていない人が業務を行った場合には、法律で罰せられます。


介護福祉士は業務独占資格と違い名称独占資格であるため、誰でも行える簡単な仕事と思われがちです。しかし、名称独占ということは「介護分野において高い知識と技術を持っている」ということを、国家資格を取得することで証明しているのです。つまり、介護福祉士は国から「介護のスペシャリスト」というお墨付きをもらっているといえるでしょう。


介護福祉士は専門性の高い仕事である

介護の仕事と聞くと、「誰にでもできる仕事」と思われがちです。しかし、介護福祉士は介護の専門職であり、看護師や理学療法士などの専門職と同様に、資格特有の専門性を持っています。


例えば、介護福祉士の仕事として最初に思い浮かぶのは、体に直接触れて行うおむつ交換や入浴などの介助でしょう。このような直接的に行う介護の知識や技術は、「おむつをスピーディに交換する技術」「適切に嚥下を行えるように食べさせる技術」というように、その行為そのものに目が行きがちです。ところが、実際の介助では、介護を必要としている人に合わせ自分では行えない部分をお手伝いする必要があります。そのためには、その人自身をよく観察し、本人はどのような支援を必要としているのか、実際に介助が必要な部分はどういうところなのかを見極めなくてはいけません。ここで必要となるのが、介護福祉士が持つ専門的な知識及び技術なのです。専門性の高い介護福祉士になるためには、次の4つの資質を持つ必要があります。


1. 介護を必要とする対象者および家族と適切な信頼関係を築くためのコミュニケーション能力

2. 対象者の隠れたニーズを見つけ出す観察力や洞察力

3. 適切な介護を行うために得た情報を正しく分析できる能力

4. 生活の質の向上のための目標や計画を立案する能力


また、介護はチームケアとして多職種で連携して行うことが多いため、協調性があることも大切です。このように、介護福祉士は誰にでも行える仕事ではなく、介護を必要とする人に寄り添いながら、自分らしい生活を送るためのお手伝いを行う専門性の高い仕事といえるでしょう。


介護福祉士の資格を取得するには3つのルートがある

介護福祉士の資格を取得するためには、毎年1月に行われる介護福祉士国家試験を受験し、合格しなければなりません。この国家試験の受験資格を得るためには、3つの方法があります。ここでは、より一般的な方法である「養成施設ルート」と「実務経験ルート」の2つを紹介します。

養成施設ルート

養成施設ルートでは、介護福祉士を養成する学校に通って資格を取得します。福祉系の大学や社会福祉士養成施設、保健師養成施設を卒業している場合、1年制以上の介護福祉士養成施設を卒業すると、介護福祉士試験の受験資格が得られます。一方、高卒や短大卒などの場合には、2年制以上の介護福祉士養成施設を卒業しなくてはいけません。なお、「社会福祉士及び介護福祉士法」の改正により、養成施設を2021年度までに卒業する人は、卒後5年以内であれば試験を受験せずに介護福祉士になることができます。2022年度以降の卒業生からは、国家試験を受験し合格しなければ介護福祉士になることができません。

実務経験ルート

実務経験ルートでは、病院や施設など介護の仕事に携わりながら経験を積んで介護福祉士の資格取得をめざします。介護福祉士の国家試験を受験するためには、実務経験3年以上と実務者研修を修了する必要があります。以前に介護職員基礎研修と喀痰吸引等研修の両方を修了している場合は、実務者研修と同等して扱われます。なお、実務者研修の前段階として介護職員初任者研修が位置付けられています。介護の基礎知識やスキルを学ぶためには、初任者研修から受講すると学びが深くなるでしょう。


介護福祉士の仕事内容とは?

介護福祉士の仕事内容は、大きくわけて「身体介護」「生活支援」「社会活動支援」「相談・助言」の4つがあります。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

身体介護

身体介護とは、身体に直接触れて行う介護のことをいいます。おむつ交換などの排泄介助や入浴介助、食事の介助などが該当します。褥瘡(床ずれ)を予防するための体位変換や、ベッドから車いすへ移動する移乗介助も身体介護のひとつです。介護を必要とする人それぞれの症状や環境に合わせて介助を行います。

生活支援

生活支援では、介護を必要とする人が生活するうえで欠かせない掃除や洗濯、炊事などの支援を行います。在宅で一人もしくは夫婦のみで生活している高齢者や障害のある人に行われることが多いでしょう。

社会活動支援

身体的もしくは精神的な障害により自由に動けなかったり、意欲が低下するなどして閉じこもりがちな人が社会から孤立しないよう、支援を行うのが生活活動支援です。地域の交流の場への参加や、デイサービスでのレクリエーションなどを通して、人との関わりを支援します。

相談・援助

介護福祉士は、介護を必要とする人だけでなく、その家族に対しても相談や援助を行います。具体的な介護のアドバイスや介護に関わるさまざま相談に応じ、家族の負担軽減に努めることも大切な仕事内容のひとつといえるでしょう。


介護福祉士は、社会福祉に関連する3福祉職のひとつ

介護福祉士は、社会福祉に関連する3福祉職のひとつといわれています。その中でも、直接介護に携わる仕事では唯一の国家資格であり、専門性の高い仕事といえるでしょう。日常生活に携わる仕事であるため、介護を必要とする人に最も近い場所で支援に関わることができます。高齢者や障害を持つ人、そしてその家族から直接「ありがとう」と言われる機会も多く、非常にやりがいのある仕事です。また、若い新卒の人だけでなく、転職した人や育児がひと段落したタイミングなど、年齢を重ねてから初めて介護職に就いた人も多く、さまざまな人が活躍できる仕事といえるでしょう。


介護職新着求人